山里交流バンク事例紹介

大和ハウス工業(株)豊田支店のCSR活動(桑原町)

2014年07月30日

 おいでん・さんそんセンターのコーディネートによる交流事業、大和ハウス工業(株)豊田支店さんの社会貢献活動が、7月16日~18日の3日間、稲武地区桑原町で行われました。
 高齢化によって整備の人手が足りないラベンダー畑。ここは、もともと耕作放棄地だった段々畑で、3年前から地元の方々がこつこつと景観整備をしてきました。
 従業員のみなさんが地元の方々の指導を受けながら、ラベンダーの刈り取り(剪定)作業と、草刈りをしていきます。
「豊田にこんなところがあるなんて知らなかった」
「ラベンダーのとても良い香りがする」
「皆さんの役に立ってるといいなあ」



 お昼はどんぐり工房に戻り、稲武の郷土食である五平餅作り体験&実食をしました。
地元の方に教えてもらいながら、楽しく交流されていました。
「五平餅に使われているミネアサヒが美味しい」との声も。


「企業のCSRと農山村のマッチング」と言葉だけで聞くと、なんとなく人の顔が見えないイメージがあるかもしれません。
今回現場に参加させていただいて従業員の方の声を聞き、企業の【人】に農山村の魅力を発見していただける素晴らしい機会でもあることを実感することができました。
過疎化による人手不足に悩む集落と、CSRに取り組む企業とのマッチングが実現した今回の企画。これからもこのような交流事業に取り組んでいきたいと思います。(中村)



開催日平成26年7月16日(水)~18日(金) 午前10時00分~午後2時20分
場所稲武地区桑原町ラベンダー畑(豊田市桑原町)、どんぐり工房(武節町)
参加者大和ハウス工業(株)豊田支店 従業員71名(3日間合計)
日程10:00 どんぐり工房に集合、あいさつ後、現場へ移動
10:20 ラベンダー畑に到着、地元の方より作業の説明
10:30 作業開始
12:00 作業終了、どんぐり工房へ移動
12:10 昼食、五平餅作り体験
14:30 お土産作り(ラベンダーサシェ作り体験)
15:00 解散
関係者大和ハウス工業(株)豊田支店、桑原町自治区、どんぐり工房、いなぶ観光協会、おいでん・さんそんセンター 
#

関連タグ:大和ハウス工業(株) 稲武 どんぐり工房 ラベンダー CSR 桑原町 

全 1 件中 1 〜 1 件目を表示