山里交流バンク事例紹介

さつまいも収穫体験(富永町)

2014年09月28日


9/27(土)
稲武地区富永町にて、生協体験プログラム「さつまいも収穫体験」が行われました。5月に「苗植え体験」をして頂いた畑での「掘り取り体験」です。お天気が心配でしたが、秋晴れの中、84名25グループもの方にご参加頂きました。
畑主の伊藤さんから、掘り取りの指導を受けて作業開始です。23畝(うね)も植え付けてあるので、皆さんに発破をかけながらも、班に別れて和気あいあいの作業です。
手順としては、以下の様に進めますが、ほとんどの方が初体験ですし、植え付けと違って掘り取りは結構な農作業です。



① 鎌で芋蔓を切り、畝からめくる様に寄せる。
② マルチ(畝を覆ってあるシート)を外す。
③ 芋を傷つけないように掘り起こす。
④ 収穫籠に入れて運ぶ。
⑤ 芋を洗う。



途中で昼食を入れる予定でしたが、作業を終える一挙にやってしまっての昼食になりました。参加者とスタッフが一体になっての協力作業で、さすが生活協同組合です。



昼食は、ミネアサヒの新米オムスビに富永町の奥様方手作りの豚汁とお漬物、おまけに地区の方が朝から焼いて下さった焼き芋も付けて頂きました。どれも大好評で、綺麗に無くなりました。

今回ご夫婦とお子さん2人で初参加されたAさんは「久しぶりにミミズを見て感激した。子どもも喜んでいる」、前回はお友達4人と今回は6人で参加されたBさんは「是非、また来年もやって下さいね」と楽しみにされていました。
畑主の伊藤さんも「歳をとって畑を維持するのも大変だが、せっかく良い芋が出来る畑を荒らしてしまっては申し訳ないので、頑張っている」とおっしゃられていました。(西田)


開催概要

開催日平成26年9月27日(土)午前10時~午後2時30分
場所伊藤さんの畑(豊田市富永町)
参加者トヨタ生協組合員 84名25グループ
日程10:00 富永集会場着(マイカー及び生協バス)
10:30 苗植え畑に移動
10:35 事務局挨拶、おいでん・さんそんセンター挨拶、生産者紹介、苗植え説明
10:45 収穫開始
12:20 収穫終了、集会場へ移動
12:30 昼食
13:00 畑へ移動、残ったさつまいもを収穫
14:00 作業終了、集会場へ移動、収穫したさつまいもを配る
14:30 送迎バス発、マイカー各自解散
関係者トヨタ生活協同組合、稲武里山体験推進協議会
#

関連タグ:さつまいも収穫体験 富永町 稲武 生協体験プログラム 

全 1 件中 1 〜 1 件目を表示