山里交流バンク 参加企業・団体など

自分で育てた米や野菜はうまい。自分で作った小屋には愛着がある。山から伐り出した間伐材の薪は暖かい。誰でも米も野菜も燃料も家だって自分でつくることができるようになる。

都会暮らしで失くしてきた自然と共に生きる力や技術、知恵を一つ一つ取り戻していくお手伝い、それが「NPO法人スローライフ」のミッションです。市民が自主的に自在に農山村を舞台に活動し、暮らすこと。自然との関係で培われた文化を今の時代にオリジナルに体現し、自分と家族、友人たちが主人公となっていく「自治」的な生き方、暮らし方、これが「スローライフ」です。


わたしたちがやっていること


  • 隔月で「スローライフ通信」を現在1000部発送しています。森と山 里での活動や講座、整体など自然に心と体を整えるイベント情報な どを無料で提供しています。必要な方はお名前ご住所をお知らせく ださい。
  • 「とよた森林学校」(豊田市主催。インターネット検索!)で「間伐ボラ ンティア初級講座」(3日間)、「森林観察リーダー入門講座」(全8 回)をはじめ森林についての各種講座を企画運営しています。
  • 森林ボランティアの育成をとよた森林学校や矢作川水系森林ボラ ンティア協議会と連携して行っています。また森林観察リーダーの 育成をとよた森林学校や「森もり会」と連携して行っています。それ らのグループづくりに協力しています。
  • とよた森林学校の講座受講生による自主団体「とよた森林学校O B会」の事務局として活動しています。「とよた森林学校OB会」は、 季節ごとに森林の見学観察会、間伐モニター活動、山主さんのもち 山の植生や森林の調査(歩く博物館といわれる北岡明彦さんが講 師)、間伐技術ステップアップ講座(3日間)、木工教室などがあります。
  • 毎月「北岡ゼミ」で森林についての文献学習をしています。どなたで も無料で参加できます。現在(2013.1月)は「山の自然学」(岩波書 店)。講師は北岡明彦さんです。毎月、平日の夜、足助地区で。夏は 高山植物の観察登山を計画中。
  • 足助炭やき塾(梶誠さん講師)、田んぼでの稲作り、不耕起の自然 農田んぼ、とよた都市農山村交流ネットワーク、千年持続学校の運 営に協力しています。
  • 「農山村へのシフト」千年委員会など持続可能な豊田市、矢作川 流域圏をめざして各種市民団体の連携、行政などとの協働のネット ワークづくりをしています。

名称NPO法人「都市と農山村交流スローライフセンター」
住所〒444-2407 豊田市桑田和町日面71-1
TEL090-5453-6411 山本薫久(しげひさ)
FAX0565-62-4011 
e-mailsigekayo@juno.ocn.ne.jp