おいでんさんそんセンターのセンター通信ブログ

平成30年度いなかとまちのくるま座ミーティングを開催

2019年02月14日


2月3日(日)、足助交流館にて「いなかとまちのくるま座ミーティング」を開催しました。

「暮らしに生かす自然のチカラ」をテーマに全国で活躍されている方をゲストにお迎えし
第1部のオムニバストーク、第2部の分科会を行いました。
関係者含め100名もの方にお集まりいただき、これからの地域、自らの暮らし、働き方などについて
語り合う有意義な時間となりました。

詳しくは、3月発行のおいでん・さんそんSHOWでご報告させていただきます。

ご参加いただいた皆さま、ご協力くださった方、そしてゲストの皆さま
ありがとうございました!




#

関連タグ:いなかとまちのくるま座ミーティング 

炭窯改修」始まります@足助屋敷

2019年02月05日

「炭窯改修」始まります@足助屋敷
公開と一般体験の参加可能です!

2月15日~3月24日の週末を中心に、三州足助屋敷で炭窯づくりが行なわれます。
10年に1度、約1ケ月間かけて職人が手作業で行なう大がかりな作業。
今では忘れ去られようとしている昔ながらの技法を使い行ないます。
作業公開および一般の方も参加(一部の作業)できますでの、ぜひお越しください。

詳しくは、三州足助屋敷までお問合せください。
HP:http://asukeyashiki.jp/
TEL:0565-62-1188


・・


#

【募集】農ライフ創生センター農作物栽培技術研修生

2018年12月28日

内容

農ライフ創生センターでは、平成31年3月から始まる「担い手づくりコース16期生」他の受講生を募集しています。
山間営農科の下山研修所に空きがありますので、興味のある方は問合せください。

募集要項

農ライフ創生センター【担い手づくりコース】ホームページ


ファイルイメージ

募集要項


#

2月3日いなかとまちのくるま座ミーティング開催します

2018年12月26日


来年2月3日(日)に、いなかとまちのくるま座ミーティングを開催します。

年に一度、おいでん・さんそんセンターの向かうべき方向について
市民のみなさんとくるま座になって考えるこのシンポジウムには
毎年、100名を超える多くの方に参加いただいています。

平成最後となる今回のいなかとまちのくるま座ミーティングのテーマは
「暮らしに生かす 自然のチカラ」
古くて新しい取組の数々について、実践者の方から共有してもらい
みんなで考えてみたいと思います。

詳細は、こちらのイベント情報からご覧ください。





#

子育て耕縁会第4回『パートナーにわかってもらえないのはなぜ?』

2018年12月26日


12/12
子育て耕縁会第4回(最終回)が、足助地区まめだ館にて開催されました。
1クール3~4回の連続講座(参加は単独でもOK)もこれで4回目。

今回は次世代育成部会のメンバーも入れて17名が参加しました。
最終回のテーマはズバリ『パートナーにわかってもらえないのはなぜ?』。
子育ての悩みを突き詰めて考えると、大本には『パートナーシップ』の問題が潜んでいます。
逆を言えば、夫婦のパートナーシップが上手く行っていると、子育ての悩みは軽減されるということ。
そのためには、相手をよく知る必要があります。
男女の性質の違いに始まり、
女性は自分のホルモンの影響について。
短い月の中での変化や、出産を経てのホルモンの変化など、女性自身もそうですが、パートナーの男性も知っておくとより冷静に受け止めることができます。
少しづつ、分かりあい、歩み寄りが必要なんですね。
当日は祝婚歌という詩が配られました。

講師のかよさんの話の後は参加者の皆さんが分かれて輪になり、シェア時間となりました。いつまでも話が尽きない様子でした。

来年度の活動については、午後から行った次世代育成部会の話の中でも出ましたが、これからいろんなアイデアを出していきたいと思っています。
皆様のご意見、ご参加をお待ちしています。
(小黒敦子)


#

全 515 件中 1 〜 5 件目を表示 1, 2, 3, 4 ...103