おいでんさんそんセンターのセンター通信ブログ

2018年セカンドスクール夏フリー版が始まりました

2018年08月10日


8月6日(月)2018年のセカンドスクール夏フリー版が始まりました!

セカンドスクールは、子どもたちが普段の生活を離れ、豊田市の山村部で農作業体験や自然体験を行い、多世代の方たちと共同作業を行いながら「生きる力」を育む取り組みです。

6日から始まったのは、稲武地域の「山のこどもになる!3日間」と旭地域の「つくラッセル(旧築羽小学校)」を中心に行っている「山っ子くらぶ」の2つの企画です。

稲武では、虫取りを終えて、ちょうど晩御飯づくりをはじめるタイミングで伺いました。
ホームステイの受け入れ農家のひとつでもある青木ミヨコさんが先生になり、青木さんのご自宅で採れた新鮮な野菜を刻んでいきます。
ゲーム、食事、片付けと、全身を耳にして他の人の言葉を聴いている様子、よく観て考えている様子が印象的でした。

また、「山っ子くらぶ」に伺ったのは、フリータイムで思い思いに過ごしている時間帯でしたが、翌日に行われるお楽しみ会の用意を進めているグループが多く、自分の役を見つけながら、大人も子どもも一緒になって時間をかけて真剣につくりあげていました。今回は早稲田大学の学生さんも参加されています。

前回までの開催で、保護者の方からは「普段は感じられない子どもの成長を感じました」「ひとまわりもふたまわりも大きくなって帰ってきたように思います。」「こうした経験は災害時にも役立つのではないかと思いました。」というお言葉をいただいており、セカンドスクールが、農山村体験のほかにも、”感じる””考える”状況、機会となっているように感じました。

セカンドスクールの夏フリー版は、8月22日(水)までの間、豊田市内の4つの場所を舞台に開催され、学校版は下山地域を舞台に行われます。
(田中)



#

ミライの職業訓練校・合宿を実施

2018年08月10日


8月4日(土)〜5日(日)に「ミライの職業訓練校」の第2回目の授業が合宿で行われました。

初日は、つくラッセルを会場に高野先生の「オカネの話」や戸田さんの講話、先輩移住者の話を伺い、受講生のモヤモヤの共有を行いました。

夕方に今夜の宿泊先となる「すげの里」に会場を移し、豊田市に研修に訪れている早稲田大学WISH寮研修生も合流して、夕食を共にしながら懇親会を行いました。

2日目は、新盛地区にある喫茶「郷地」で朝食を頂き、新盛集落・里山散策やメープルファームを見学。
すげの里のに戻り、仮説たてワークショップ。その間、ご家族で参加頂いた受講生の子ども達は川遊びに…今年は山でも驚くほど暑いです。
昼食は、シェフ山岡の猪丼を頂きました。

午後は、いのはな農園と二井寺農園・農家民宿ちんちゃん亭を訪問して、暮らしや働き方について住み開きをして頂きました。(西田)




#

稲武地区で、トヨタ生協「トウモロコシ収穫と自然体験会」

2018年08月10日


8月4日(土)
トヨタ生協(メグリア)の組合員向けイベント「トウモロコシ収穫と自然体験会」が、稲武地区・小田木町と大野瀬町で開催されました。2013年にセンターがマッチングし5年目を迎えました。プログラムはいなぶ観光協会の村瀬さんにコーディネートいただいています。4倍以上の倍率から選ばれた25組100名の参加者は、トウモロコシのもぎ取り体験、清流での川遊び、鮎や夏野菜など旬の味覚を堪能しました。トウモロコシ狩りに協力いただいたのは、昨年発足したファームいなぶ営農組合・代表の石橋徹さん。当初予定していた畑は台風とアライグマの獣害に遭い断念し、急遽、小田木町の圃場に変更されたそうです。山村地域で農業をおこなう難しさも参加者に感じていただけたことと思います。
会場となった大野瀬町の「おいでん・やな」では、10月末まで川魚のつかみ取りや川遊びを楽しめます。また、テント広場では鮎の塩焼きや五平餅など美味しい食を満喫できます。夏のおススメスポットです、ぜひ訪れてみてください。詳しくは、いなぶ観光協会までhttp://inabu-kankou.com/
(坂部)


#

ジビエ振興の為の試食会&商談会

2018年08月10日


8月3日(金)
“ソーネおおぞね”の“ソーネカフェ”で、愛知県農業振興課主催、“一般社団法人 愛知ジビエ振興協議会”設立準備委員会が共催で、ジビエ振興の為の試食会&商談会が行われました。

愛知県では野生鳥獣による農作物被害が毎年5億円もあり、電気柵の説明や駆除による被害減少に努めています。狩猟や駆除により、捕獲された猪や鹿は9割が埋設処理され、食用に供されるのはたった1割にしか過ぎません。

中山間地域では、捕獲した被害獣の命を頂き、山の恵みを活かす為に獣肉処理施設が徐々に整備され、安心安全で美味しいジビエが提供できるようになってきました。

今回の催しは、フレンチでは高級食材として親しまれていますが、ジビエの特性や魅力をジビエ料理やジビエ加工品にご関心のある方に広く知って頂ける機会です。

「ジビエ料理講習会&試食会」は、“グランファミーユ・シェ松尾”名古屋松坂屋店料理長の片岡晃治さんを講師に迎え、「桃と鹿肉のカッペリーニ(冷製パスタ)」、「鹿と猪の合挽きふわふわ豆腐ハンバーグ ジビエと相性の良いハチミツを使った2種のソース」をご紹介頂きました。

また、ジビエ肉を使った加工食品の販売会や鹿の角のアクセサリーの展示販売会も行われました。

会場を提供頂いた“ソーネおおぞね”は、NPO法人「わっぱの会」が、企画・運営するしげんカフェ・ショップなど5つの機能を併せ持つ新しい共生社会創造の拠点です。
今回の催しが好評なら、メニューにジビエ料理も登場するかも…です。(西田)
https://sone-ozone.com/



#

コレカラ食堂OPEN!

2018年08月10日


小原地区に移住された水澤さんが、豊田市西町にある
コンテンツニシマチの2階に、コレカラ食堂をオープンする
ということで、お披露目会にお邪魔してきました!



水澤さんはこれまでも小原を拠点にケータリングをされていて
季節の食材を上手に取り入れた、とっても繊細な料理を
作ってくれます。おいでん・さんそんセンターも
何度もお世話になってきました。

スタッフ木浦は、水澤さんの素敵なお料理アイデアをこれまでに何度も心の中にメモしてきました。(ホウレン草とトマトの2色カレーや、酢飯に山椒の葉を入れるなどなど)



これからは、豊田のマチの皆さんも、水澤さんの美味しいランチが食べられますね!
9月オープン予定。日にちなどの詳細は、下記のFBページにお知らせされるそうなので、ぜひフォローしてください。
(木浦幸加)

https://www.facebook.com/コレカラ商店-483442461748094/

#

全 489 件中 1 〜 5 件目を表示 1, 2, 3, 4 ...98