おいでんさんそんセンターのセンター通信ブログ

愛知ジビエ振興協議会の意見交換会に参加しました。

2017年12月08日

12月7日(木)
(仮称)愛知ジビエ振興協議会の意見交換会に参加しました。
前回はPRイベントで参加者も何100人と多く、テレビ局を始めマスコミも何社も来ましたが、本当に大事なのは今日の様な会議です。

何を目指すのか?課題は何なのか?どういう体制が作れるのか?…少人数ですが今日の参加者からキーマンが生まれて来る事は間違いないです。
県域の取組みなので、果たす役割は大きいです。

おいでん・さんそんセンターとしても、獣害被害対策に留まらず、産業や観光にもジビエ振興を図ることで、地域の活性化・持続化に結び付けたいです。(西田)


#

【開催レポート】[いなか暮らし博覧会12]お山のお菓子工房でおやつ作り体験と交流会

2017年12月08日

【いなか暮らし博覧会レポート】プログラムNo12.お山のお菓子工房でおやつ作り体験と交流会

12月7日、旭地区にあるお菓子工房「すぎん工房」でかぼちゃマフィンとくるみクッキーを作る体験が行われました。

Iターンした女性が、旧保育園を利用してオープンしたすぎん工房。農家の女性や、子育て中のお母さんが地元の素材を使い、素朴でしみじみおいしいお菓子を作っています。

参加者の中には、稲沢市や名古屋市など遠方から足を運んでくださった方もいました。参加理由を聞いてみると、「毎日新聞で、『車だけって思ってた?』の豊田の田舎PRの記事を読んだことがきっかけ」と言われました。プロモーションを経てのいなか暮らし博覧会開催の流れのなかで、きちんと興味がある方に届いたことをとても嬉しく思います。

お子さんも安心して参加できるアットホームな雰囲気でお菓子作りを習いました。焼けるまでの間にお昼時間になり、すぎん工房が定期的に開催している『カレー研究会』で、持ち寄りのカレーをおいしくいただきました。
足助、旭、小原など近くからの参加者もいて、山里暮らしの情報交換をして盛り上がっていました。

最後に感想を聞くと、「距離が遠かったが、来てみないとわからない良い印象を受けた。来てよかった」、「こういった暮らしがあるということを感じることができた」、「皆さん温かく移住してよかった」との声がありました。またアンケートには、「将来すぎん工房のある地域に住んでみたい」という答えもありました。

温かな暮らしの空気が伝わるプログラムでした。興味を持っていただけた方がまた訪問してくださるようサポートしたいと思います。(木浦幸加)


#

【開催レポート】[いなか暮らし博覧会09]古民家リノベーションの苦労をすべて見せます!!

2017年12月06日

【開催レポート】
[いなか暮らし博覧会09]古民家リノベーションの苦労をすべて見せます!!
ジビエカフェ、オープンまでの道のり ~鹿カレーランチ付き~

12月4日(月)
先日12/1に、築150年の古民家をリノベーションして猟師飯が食べられる山里カフェMuiがオープンしました。
オープンしたばかりの古民家カフェで、古民家リノベーションの苦労話しや工夫された点を伺いました。

案内人はカフェオーナーで女性ハンターとして活躍している清水潤子さんと、リノベーションのお手伝いをされたホームドック・タイキの田中忍社長です。

空き家を購入した経緯から始まって、改修をしようと確認したら、思った以上に床下も、天井裏も、水周りも…と出てくる問題の山。
ご近居さんや知り合いにどれだけ助けられたか!というエピソードが満載。
また、ただの住まいとしてのリノベーションでは無く、ジビエカフェとして飲食業のお店としての配慮など、さまざまな参加者の参考になるお話しでした。

プロのホームドック・タイキの田中社長からのお話しも大変参考になりました。
そもそも、リノベーションとリフォームって何が違うの?っていうお話から、リノベーションに掛かるお金の話まで「ココダケの話し」で盛り上がりました。
金額についてもぶっちゃけでお話し頂きましたが、驚きの低価格でリノベーションに成功されています。
その秘密は、清水さんの人間力!
大工さんから木材屋さんまで、工務店などを通さずに、すべて直接交渉されています。
ホームドック・タイキさんも水周り工事を担当されましたが、田中社長は会社としても儲けよりも、この人の為なら…この物件なら…という想いに駆られたそうです。

囲炉裏を囲んで、参加者も自己紹介から、移住計画や田舎暮らしへの想いや取組みなど話しに花が咲きました。

お待ちかねのランチは、ジビエカフェならではの鹿カレーです。
デザートにも手づくりの美味しいシフォンケーキを頂きました。

清水さんの山里カフェMuiは、ランチとカフェタイムだけの営業で、ランチは完全予約制。
冬季は狩猟と道路が凍結する恐れがあるため、12月23日(土)で一旦クローズ。
再開は3月頃になる見込みです。
12月はすでに貸切や満席の日も続出中です。
行ってみたい方は、お早めに予約をオススメします。


#

\おいでん・さんそんSHOW12月号発行/

2017年12月05日

\おいでん・さんそんSHOW12月号発行/

今月の特集では、11月25日(土)に行われた
『いなかとまちの文化祭』をご紹介しています。
いなか暮らしの豊かさを提案したこのイベント。
ぜひレポートをご覧ください。(木浦幸加)
http://www.oiden-sanson.com/archives/001/201712/5a261cef39d5e.pdf


#

第三回北三河芸農祭が、小原地区で行われました。

2017年12月04日

12月3日(日)
四季桜の咲く小原地区。真っ青な空のもと、第三回北三河芸農祭が、松月寺近くの広場で行われました。

ステージでは多彩な出演者が出ていましたが、圧巻だったのは地元小原の、ゴスペルグループP!!!
40-60代とお見受けするメンバーの皆さんが、会場の空気を震わせるようなソウルフルな歌声を響かせました。

来場者のなかには、最近友人が足助地区に引っ越したことをきっかけに、山里暮らしに惹かれているという若い男性も来ていました。

仲間と心から暮らしを楽しめる。
豊田の山村地域に住む良さが
ぎゅっと凝縮され表現された
素敵なイベントでした。
(木浦幸加)


#

全 450 件中 1 〜 5 件目を表示 1, 2, 3, 4 ...90