おいでんさんそんセンターのセンター通信ブログ

第1回あさひ森の健康診断報告会が開催されました。

2015年12月24日

12月20日(日)
旭地区敷島会館で第1回あさひ森の健康診断報告会が開催され、地域で森づくりに取組む森づくり会議代表者や山主、都市部の森林ボランティアなど60名がこれからの森林整備について学び、熱い議論を交わしました。おいでん・さんそんセンターは、参加受付などの事務でこの取組みを応援してきました。
会は、藤谷常壽実行委員長の「私たちが先祖から受け継いだ大切な森林を放置林にしてしまった。私たちは健全な森に戻して次の世代に引き継がなければならない。」との挨拶で始まりました。
矢作川研究所洲崎燈子主任研究員の調査結果報告では、「矢作川流域全体と同様、5~8割が間伐遅れの人工林であるものの、植栽木密度が低く流域内では間伐先進地」との評価でひと安心。
東京大学の蔵治光一郎准教授の「東海豪雨を忘れない」の基調講演では、初めて聞く災害の真相に驚き、質問が相次ぎました。
地域や山主主体の「あさひ森の健康診断」は、森づくりに直結する有意義な取組みであることを確認し、次回開催日を来年6月5日(日)とすることが報告されました。(鈴木)



#

獣肉処理加工施設が完成しました。

2015年12月24日

12月19日(土)
足助地区に待望の獣肉処理加工施設が完成しました。
農作物や農業用施設を荒らし1億円/年近くもの獣害被害をもたらすイノシシやシカは、これまで毎年2~3千頭/年が捕獲され、大半が埋設処理されてきました。この施設の稼動により、350頭/年が衛生的に処理、加工され生活者の食卓に届けられることになります。
古来よりジビエ(野生獣肉)は、山の恵み、ごちそうとして山里の暮らしを豊かにする大切な食材でした。人々に愛されるべき存在のイノシシやシカの地位の復権、人と自然の関係修復が、市民の有志24人で設立された株式会社山恵(代表取締役小澤庄一氏)の経営理念です。
竣工式で提供された「シシ肉燻製」、「シシ汁」、「フランクフルト」、「肉まん」、「ジビエ五平餅」のいずれもが絶品。1月からの本格稼働、施設での直売も予定されています。山里とまちをつなぐ「山恵」を、おいでん・さんそんセンターは全面的に応援します。(鈴木)


#

「NPO法人アースアズマザー」で農事活動ボランティアを募集中です。

2015年12月22日

未来の子供たちが、安全で安心して食せるおいしい作物づくりを中心とした真農業の推進と地球環境にやさしいコミュニティを創るという『夢』と実現目標に向かって日々活動を行っている「NPO法人アースアズマザー」さんが農事活動ボランティアさんを募集しています。作業は時期により異なりますが、種まき、土づくり、畝づくり、草刈り、収穫作業、芋ほり、誘引や摘芯、竹きり、ポット植え替え、植え付け、田植え、稲刈りなどがあります。
詳しくは、 NPO Earth as Mother へお問い合わせください。
TEL:052-684-8000 (9:00~18:00)
FAX:052-684-8008 (0:00~0:00)
E-mail: office@earthasmother.com
団体URL:http://www.earthasmother.com


●実施日時
常時(土日祝日も実施しております)
9:00~17:00終了予定(午前のみ・午後のみ、また途中参加・途中帰宅も可)
※サマータイム適用(夏季はお昼の暑い時間は休憩を多く設け、17時以降も実施いたします)
※雨天決行(雨天時はお米選別や加工品作りなど、屋内での作業となります)
※作業の進み具合により終了時間が前後する場合がございます。

●会場名称
豊田市藤岡地区、旭地区内田んぼ、畑
愛知県豊田市藤岡飯野町田中245(集合:藤岡支所) (周辺地図)

●参加定員
10名程度(1名から対応いたします)

●申込方法
E-mail、もしくは電話にて一度ご連絡ください。
担当 山田E-mail hariom.pasion@gmail.com TEL 090-6069-7369
担当 長尾E-mail naanvschapati@gmail.com TEL 080-3689-8453

#

スモールビジネス研究会の部会を開催しました。

2015年12月21日

12/18(金)
おいでん・さんそんセンターの専門部会の1つ、地域スモールビジネス研究会の定例部会が、足助のすげの里でありました。

 地域スモールビジネス研究会、みんなの仕事を出し合ってみました。

●今の仕事…多様さに驚かされます。予想以上にクリエイティブです。
●これからの仕事…すぐに実現しそうな事がたくさん出てきました。
●やりたい仕事…ワクワクする妄想が止まりません。

お昼休憩は、コレカラ商店さんのケータリングごはんです。


#

豊田高専・環境都市工学科の学生、旭・足助地区の取り組みを視察。

2015年12月10日

12/4(金)
旭・足助地区にて、豊田高専・環境都市工学科の学生の皆さん45名が、都市計画の授業の一環として、中山間地域の取り組みについて見学に来られました。担当の先生の「都市計画の授業では法規・制度・ハード面の講義がメインとなるが、人口減少社会を見据えた今後は、地域課題を住人自ら解決に取り組む動きがとても重要になる」との想いから、当センターに授業コーディネートの依頼をいただきました。
当日は、まず旭交流館にて、当センターの取り組みについて、センター長の鈴木から説明を行いました。そして、具体的な事例として、あさひ木の駅プロジェクト・高山治朗実行委員長より、プロジェクトのご説明を頂き、太田町の木を集材している土場の見学も行いました。その後場所をすげの里(足助)に移し、新盛里山耕流塾・鈴木智会長からすげの里の施設と事業のご説明を行っていただきました。
時間の関係上、学生の皆さんから質疑を受けることができなかったので、どのように感じられたかお聞きすることができませんでしたが、活動内容などに興味を抱いてくださった様子でした。今回の授業をきっかけに、皆さんの今後の生き方・働き方のヒントに少しでもなれば幸いです。また、地域の方々との新たなつながりに発展することも期待いたします。木の駅プロジェクトと新盛里山耕流塾の皆さま、ご協力いただきありがとうございました。
(地域おこし協力隊・坂部)


#

全 8 件中 1 〜 5 件目を表示 1, 2