おいでんさんそんセンターのセンター通信ブログ

オイスカ中部で国際青年養成講座への参加者を募集しています。

2016年02月25日

豊田市勘八町にあります、オイスカ中部日本研修センターで第100回国際青年養成講座への参加者を募集しています。
ビジネスマナーや挨拶・5Sに加え、オイスカ独自のプログラムが全日程を通じて盛り込まれています。
森に囲まれた自然豊かな研修センターで、アジア・太平洋諸国から来た海外研修生と共に過ごす時間は、貴重な体験となることでしょう。

日 程 平成28年4月4日(月)~9日(土) 5泊6日
場 所 オイスカ中部日本研修センター
参加費 7万円(1名分 受講料・宿泊費・食費・消費税含) 定 員 25名(定員になり次第、締め切ります)

締め切りは平成28年3月20日(土)

詳しくは、オイスカ中部日本研修センターまで http://www.oisca.org/chubu-tc/27

申 込 中部日本研修センター
問合せ TEL:0565-42-1101
FAX:0565-42-1103
Email:chubu@oisca.org
担当:小杉・森田


#

トヨタの森 インタープリター募集中!

2016年02月24日

トヨタの森で
インタープリターを募集しています。(募集を締切ました4/19)

環境教育に興味のある方、
森で働きたい方、
ぜひご応募ください!

※予告なく募集を締め切る場合があります。
 応募はお早目にお願いします。

トヨタの森は愛知県豊田市にある、
トヨタ自動車の運営する環境学習施設です。

トヨタの森ホームページ
http://www.toyota.co.jp/jpn/sustainability/social_contribution

募集要項

■応募は採用情報掲載ページから
http://hp.rhp.jp/~sumitomorin/bosyu_youkou.html?id=86575

職種:「トヨタの森」インタープリター(アルバイト)

●仕事内容
 1.トヨタの森への来客・視察者の案内業務
 2.トヨタの森での学童に対する環境学習プログラムの実施
 3.自然環境・生態系調査・環境教育セミナー・広報活動に関わる補助業務
 4.トヨタの森ならびに里山学習館の管理運営業務
  ・トヨタの森の森林整備ならびに環境保全に関する作業
  ・里山学習館および付随する各種設備・備品・展示物等の維持管理業務

●応募資格: 高卒以上22歳〜35歳まで
トヨタの森に通勤可能な地域に居住し、児童に愛情のある方
使命感、協調性を持ち業務遂行の技術・能力をお持ちの方
 ・要普通免許
 ・エクセル・ワードの基本操作のできる方

●勤務地 トヨタの森(愛知県豊田市岩倉町)

●勤務時間 8:30〜17:30(休憩45分) 時間外勤務あり

●給与 基本給 月200,000円〜

●経験・年齢・前職職歴・能力を考慮の上、当社規定により優遇致します。(末締め翌20日支払)

●待遇 通勤手当:当社規定により支給
休日・休暇 原則毎週土曜日、日曜日(祝日は交代勤務の場合あり)
有給休暇:6ヶ月間継続勤務した場合所定日数を付与

●その他 勤務期間:2016年4月1日から2017年3月31日
(4-6月は試用期間 期間延長あり)

●賞与・退職金なし

お問合せ先 〒461-0004
名古屋市東区葵1-19-30 マザックアートプラザオフィス棟12F
担当:環境緑化事業部 藤原
TEL 052-979-6163

#

「いなかとまちのくるま座ミーティング」がひまわりTVのとよたNOWで放送されました。

2016年02月24日

2/23

2/20(土)に開催しました“いなかとまちのくるま座ミーティング”の模様が本日18:30からの「とよたNOW」で放送されます。
また、録画映像は明日の午後から豊田市のホームページでご覧頂けます。
(西田)


#

「飲食店アグリフードEXPO in とよた」が開催されました。

2016年02月24日

2/23(火)
飲食店と生産者をつなぐ“飲食店アグリフードEXPO in とよた”が産業文化センターで開催されました。

昨年まではビジネスフェアと合同開催でしたが「食」に焦点を絞っての開催となりました。

地産地消を謳うお店も増えてきましたが、消費者も63.5%の方が市内でとれた農産物を購入しようと心掛けているそうです。
地域でお金が回る・農地の保全・フードマイレージ・旬の味・食育など「地消地産」の持つ意味は大きいですね。

獣肉処理施設「猪鹿工房 山恵」がオープンした事もあり、ジビエ料理の試食もありました。(西田)


#

「ミライの職業訓練校 受講生成果報告会」が開催されました。

2016年02月22日

2/21(日)
地域スモールビジネス研究会が主宰する「ミライの職業訓練校 受講生成果報告会」が、とよた市民活動センターで開催されました。おいでん・さんそんセンターも事務局の一部を担って参加しています。

ひとりなら悩みであるはずの「モヤモヤ」を、集まった仲間で分かち合い、新たな飛躍のヒントの資源として取り組んできた成果を発表しました。
「モヤモヤ」がスッキリした人、あえてそのままの状態にしている人、「モヤモヤ」を進化させた人…と、面白い・素晴らしい報告を共有しました。

もともと何をやるのか?その先に何があるのか?が分かり難い「ミライの職業訓練校」ですが、集まった受講生で「モヤモヤ」を共有し、仮説を転がし、自らが動いてみる事で、想定外の成果を導き出せた事が確認できました。

「ミライの職業訓練校」は、新☆豊田市誕生10周年プロジェクト「市民発!まちづくりシン展事業」として採択され、27年度は実施できした。
もうすでに来年度の受講希望者が現れはじめ、28年度も実施して欲しいという要望が寄せられています。(西田)


#

全 12 件中 1 〜 5 件目を表示 1, 2, 3