おいでんさんそんセンターのセンター通信ブログ

平成29年度過疎地域自立活性化優良事例として表彰されることが決定しました。

2017年08月31日

8月31日(木)
一般社団法人おいでん・さんそんが、平成29年度過疎地域自立活性化優良事例として表彰されることが決定し、総務省から公表されました。これは、総務省などが、創意工夫を持って過疎地域の活性化に取組み、優れた成果を上げ、先進的、モデル的事例としてふさわしい団体であること等を審査基準として表彰するものです。表彰式は、10月19日(木)佐賀市で開催される「全国過疎問題シンポジウム2017inさが」の全体会で行われます。応募に当たってご協力いただいた皆様にお礼申し上げます。そして、慢心することなく、引き続き都市と山村が結び合う幸せな地域づくりに努めてまいります。(鈴木辰吉)


#

『第13回ふるさと回帰フェア』@東京国際フォーラムに出展します。

2017年08月29日

9月10日(日)『第13回ふるさと回帰フェア』
@東京国際フォーラムに、おいでん・さんそんセンターが
出展します。時間は、10:00~16:30。
47都道府県350自治体が一堂に会する大規模なフェアです。

豊田市の田舎にご興味を持っていただいている方に
関東圏でお会いできる年に1度の機会となります。

詳細は、HPからも見ることができますので
是非チェックしてみてください。
https://www.furusatokaiki.net/fair/2017/
(木浦幸加)


#

中日新聞主催「いい街発見!地方の暮らしフェア」に出展

2017年08月26日

8/25(金)・26(土)、中日新聞主催「いい街発見!地方の暮らしフェア」に出展中です。

今日、8/26(土)15:00〜は、ウインクあいち8階セミナー会場で、移住・交流セミナー【車だけって思ってた?豊田市のしっかり田舎でつくる私らしい「くらし・しごと・あそび」】を開催します。

また、7階会場では、豊田市おいでん・さんそんセンターのブース出展以外にも「豊田の山里〜山の恵みと匠の味」の物販ブースも出店しています。

山恵×ワイズ×足助高校コラボ商品の猪キーマカレー、すぎん工房の焼き菓子、いのはな農園の農産物、てくてく農園のジャム、いのまた茶園のイノマティー、アンティマキのスコーンやガトーショコラ、志し工房の手づくり石鹸、こころざし農園のホーリーバジル、足助屋敷の竹編み細工、バーバラハウスのバーバラスク、下山のどて煮etc.etc.と豊田の山里の豊かさを提供しておりますので、名古屋市内にお住まいの皆さんのお越しをお待ちしております。(西田)



#

「三河の山里サポートデスク」さんにご紹介頂きました。

2017年08月24日

明日、8/25〈金〉と8/26(土)に開催される中日新聞主催『いい街発見! 地方の暮らしフェア』で、豊田市山村地域移住プロモーションの一環で製作したポスターを掲示します。

このポスターに使用している写真は、この春に豊田市に移住されたフォトグラファーの佐伯朋美さんです。
新規移住者の彼女が、山里に暮らす人々の笑顔の向こうに見える豊かさを素敵に切り取っています。

「三河の山里サポートデスク」さんにご紹介頂きました。ありがとうございます。(西田)
http://spdesk.mikawayamazato.jp/news/post674.html


#

第2回中日新聞主催『いい街発見!地方の暮らしフェア』に出展します。

2017年08月22日

8/22
いよいよ今週末に迫ってきました
第2回中日新聞主催『いい街発見!地方の暮らしフェア』。
おいでん・さんそんセンターは、8月25日(金)
8月26日(土)の両日とも出展します。
場所は、ウインクあいちの7階、ブース番号③と④です。

これまで、移住フェアに出展するたびに
「何で豊田市さんがいるの?豊田って車のまちじゃないの?」と、幾度言われてきたことか・・・。
今回は、その質問に対する答えを、身体で表現するために
「車だけって思ってた!?」というTシャツを、スタッフ
および関係者みんなで着ることにしました!
合わせて、豊田市の田舎でいきいきと生きる方たちの
写真を掲載したポスターも掲げます。

今週末、行けるよ!という方がもしいらっしゃったら
このTシャツと、ポスターを探してください。

(木浦幸加)


#

全 18 件中 1 〜 5 件目を表示 1, 2, 3, 4