おいでんさんそんセンターのセンター通信ブログ

ラジオラヴィートに出演します。

2017年11月28日

このあと17:30より、ラジオラヴィートで、移住プロモーションブック『脈々と』について5分程度お話させていただきます。
リスナーの方は、ぜひ聴いてくださいね♪(木浦幸加)

#

【開催レポート】[いなか暮らし博覧会20]足助きこり塾、自分の暮らしは自分でつくる。

2017年11月28日

[いなか暮らし博覧会20]足助きこり塾、自分の暮らしは自分でつくる。
~森女、森寿さん…誰でも山に連れてこい!自然観察・林業体験も。~

11月26日(日)
毎月2回開催されている「足助きこり塾」で「いなか暮らし博覧会」を開催頂きました。
参加募集の「森っ子・森女・森寿さん」って意味は、子どもでも女性でも年配者でも色んな活動ができる森林体験と言う事です。
50ヘクタール、名古屋ドーム10個分の広さの私有林で、大きな学舎と子どもらが建てた3つの小屋や、ピザ窯、製材所、工房があります。

今回は、子ども達の手鋸間伐、女性初心者のチェーンソー間伐、茅葺き屋根を拭く為の茅刈り、Xmasリースづくり、木工、石窯でのピザづくり等盛り沢山でした。
子ども達は途中、森の中のターザンロープやハイジのブランコに遊びに行ったり、広い森の中のアチコチで活動をしているので、写真が撮りきれませんでした。

足助きこり塾の案内人は、矢作川水系森林ボランティア協議会代表&木の駅アドバイザーの丹羽健司さんですが、他にも多くのリーダーさんがいて、アマテュアアからプロレベルの森での活動をサポートして頂けます。
今回はマイチェーンソーをお披露目する森女子さんもいらっしゃいました。

足助きこり塾にご興味のある方はホームページをご覧下さい。
http://asukekikori.com/
(西田)


#

稲武で一日だけの映画館

2017年11月27日


11月23日(木・祝)稲武地球子屋(いなぶてらこや)主催の
映画『みんなの学校』の上映会が、稲武中学多目的ホールに
て行われました。

映画『みんなの学校』は大阪の公立小学校『大空小学校』の
ドキュメンタリーです。
多様な個性を持ったこどもたちが、排除されることなく、そ
の子らしく安心して過ごせる学校として注目を集めてます。
(反対を言うと、現状の学校は排除されやすいということです)
大空小には学校に自由に出入りする、地域ボランティアが沢
山います。
障がいを持つといわれるこどもたちが、とても多く在籍して
いながら、同じクラスで学ぶことを可能にしているのは、こ
のボランティアさん達の存在が大きいのです。

上映の告知に際して、稲武地球子屋の皆さんは「地域みんな
でこどもを育てる」「多様性を認め合う」ことを、多くの方
々と共有したかったそうです。
その思いが会場内のあちこちに現れていました。
こども達手書きの案内版(これ以外にも大活躍していました)、
美味しいオーガニックコーヒーやチョコ、
会場内の授乳室やこども達スペース、託児用の武道館には
コタツが敷かれ温まりながら手仕事もできます。
何より迎えてくれるスタッフのみんなの暖かな笑顔に、
ほっとする素敵な上映会でした。

来場者はスタッフやこども含めて、なんと200名ジャスト!
だったそうですよ。

沢山巻かれた種が、今後どう育っていくかが楽しみです。
(小黒)


#

【開催レポート】[いなか暮らし博覧会04]稲武女性移住者を訪ねて。お宅訪問&空き家見学

2017年11月27日

〜稲武のマイホ-ムで語る。定住のアレコレ本音ト―ク!〜

11月25日(土)
稲武のいなか暮らし博覧会、第2弾は移住者のお宅訪問です。
前回はパスまちサロン会で、稲武の子育て環境や地域の事が良く分かったたので、今回も乞うご期待です。

まずは、どんぐり工房に集合し、大野瀬町にお住まいの加藤佐和子さん宅へ。
ところが一部通行止めの為に、一度岐阜県恵那市上矢作町に出て迂回、帰りも長野県の根羽村に出て帰るという、正に愛知のチベット稲武を実感するドライブでした。
しかし、加藤さんがお住まいの梨野地区の景観の素晴らしいには心が奪われる程でした。
梨野集落の戸数は10世帯。
集落の景観の美しささは、長年そこに暮らす人々の手が加わって作り上げられてきたものです。
加藤さんご夫妻は長久手市にお住まいでしたが、稲武の帰農者滞在施設(※1)を利用して、農業体験をしながら移住する為の借家を探しておられましたが、なかなか希望するような物件に巡り逢わず、農作業で訪れた梨野集落の景観に魅了され、「家を建てるなら土地があるぞ」と、大家さんも快く受入れて貰った事から、何とか成るかと家を建てちゃったそうです。
夫婦2人だけなので、コンパクトで使い勝手の良さそうな木のお家です。
薪ストーブがあり、断熱は冬の稲武の寒さに耐えれるようにしっかりとされています。
またソーラー発電を備えていて、日当りが良いので、電気は充分に発電しているそうです。
ご主人の篤幸さんは元公務員、今は自分の畑もしながら、地域の「農事組合法人 大野瀬温」(※2)でも働いていらっしゃいます。奥さんの佐和子さんの方が元々農業に興味があったそうで、営農部長?として様々な作物の栽培に取り組まれているそう。
篤幸さんも今年から卵を採る為に名古屋コーチンの養鶏を始めたり、ヘボを飼い始めたり、山里暮らしを楽しまれているようです。
大野瀬町の美しさは「美しい大野瀬町の四季」(※3)のHPで紹介されているので、ご覧下さい。

(※1)帰農者滞在施設
http://www.city.toyota.aichi.jp/…/1008649/inabu/1005401.html

(※2)農事組合法人 大野瀬温
https://www.facebook.com/oonosenukumori/

(※3)「美しい大野瀬町の四季」
http://oonose.inabu.org/



一旦、稲武の町に戻って、末広屋さんの「八(すえひろ)うどん」で昼食です。
一日限定8食の「八うどん」ですが、今日は無理を言って参加者全員分予約して作って頂きました。
末永い幸せを願って、長さ88cmもある幅の広い一本麺です。
ツルツルモチモチの食感で、ミニ天丼がセットになっていて、稲武名物の一品です。



次に向かったのが、桑原町にお住まいの深見清佳さん宅。
清佳さんはお隣の設楽町でお務めしていた頃、ご主人と出会われて結婚。
さて、どこの住もうかと思案して、ご自身の仕事やご主人の仕事、通勤や暮らしの利便性から、稲武地区の桑原町にある市営住宅に住まわれました。
桑原町は稲武地区の中でも稲武町と並んで、町の中心部にあり、便利でコンパクトに何でもある地域だそうです。
ご主人は奥さんの勧めで、消防団や商工会にも入り、入ってみればこれが楽しくて、地域活動にどっぷりハマり込んでしまったそうです。
子どもが成長するにつれて、勤めに出るのでは無くご主人の仕事を手伝えば、子どもが学校から帰って来ても迎えられると考えられたそうです。
ご主人の友和さんは工務店を経営されており、奥さんの清佳さんも建築士やインテリアコーディネーターの資格を取って、住まい方アドバイザーとして活躍されています。
なので、ご自宅も自分達で設計されたそうです。
築10年という事ですが、まるでモデルハウスのような素敵なお宅です。
薪ストーブのあるリビング、ご家族がゴロゴロとくつろぐ畳の部屋にはハンモックも掛かり、明るく作業のしやすそうな台所、浴室につながる洗濯機置き場もランドリールームとして、アイロンがけや収納もバッチリ…と、言い出せばキリがありません。
新築はモチロン、古民家再生やリフォームもされるそうなので、もしご希望の方があれば、深見工務店(※4)までお気軽にご相談下さいとの事でした。

(※4)深見工務店
http://www.fukami-koumuten.com/



最後に、黒田町にある築80年の空き家見学をしました。
5DKの平屋ですが、浴室への導線やトイレなど水回りが変則的な物件です。
先程お邪魔した深見清佳さんにご同行頂き、住まい方アドバイザーとして何処をどんな風に手を入れると住みやすくなるかをご教授頂きました。
プロの意見を聞きながら、空き家見学をすると、頷ける点が多々あり、参加者の皆さんも参考になったようです。(西田)


#

【開催レポート】[いなか暮らし博覧会21]田舎が最先端!? 愛知のチベットで働き方を考える

2017年11月21日

~自動車シート工場見学とペンケースワークショップ体験付~

11月18日(土)
トヨタケ工業株式会社は自動車シートの製造等をされる会社ですが、愛知県の中山間地進出事業の第一号として豊田市稲武地区に本社を構えています。
少量多品種・高度な縫製技術・対応の早さは、機械化が難しく海外生産ができない国内製造の強みです。
高級な車種や水素自動車「MIRAI」の自動車シート、近鉄の観光特急「しまかぜ」のプレミアム電動リクライニングシートなど難しいモノほど、トヨタケ工業の出番です。
中山間地にそんなクリエイティブな会社があるのか?と驚きますが、平成の大合併で豊田市になった稲武地区は、自然の豊かさと交通の利便性を備えており、中山間地の雇用促進にも大きく寄与しています。

片や中山間地では人口減少は進み、事業継続の為に人材を確保するには雇用募集活動だけでは無く、稲武での暮らしを体験する企画を打つ必要を感じ「OPEN INABU実行委員会」を立ち上げられました。
また、稲武で楽しみながら仕事をする働き方革命を提唱する「INABU BASE PROJECT」も展開されています。

社長の横田さんから、そう言った経緯や「OPEN INABU」の活動内容、「INABU BASE PROJECT」についてレクチャー頂きました。
昨年度の稲武地区の新成人は19人で、皆素晴らしい若者ですが、稲武には高校が無いので、高校生になると地域外に出て行ってしまって、就職も外に出て行ってしまう。
何とか、地域出身者にも戻って来て貰いたいし、田舎の良さを求める移住者にも入ってきて貰いたいと話されていました。
個人的に面白かったのは、最近はワークショップや小学生の見学なども増えて、お子さんに「整理整頓」を教えた時の手書きスライドが印象的でした。
工場の中も整理整頓がされ、無駄の無い作業手順や導線が整えられている会社ならではの説明で、参考になりました。
さすがは「ものづくり」をする会社ですね。

座学の後は、工場見学とミシンを使ってのペンケースづくりのワークショップです。
社員の黒柳さんにミシンの使い方を教えて頂き、最初はおっかなびっくり。
その内、面白くなって2個3個と作り出し、なかなか作業が終わりませんでした。
最後にデモンストレーションで、複数のパーツを重ねて立体的に縫製するのを見せて頂きました。
簡単に縫っているように見えますが、凄い技術です。
最後に昼食を食べながら、参加者との懇談会を行いました。(西田)

「トヨタケ工業株式会社」のHPはコチラ→ http://www.toyotake-kogyo.co.jp/index.html

「INABU BASE PROJECT」のHPはコチラ→ http://open-inabu.main.jp/#top


#

全 15 件中 1 〜 5 件目を表示 1, 2, 3