おいでんさんそんセンターのセンター通信ブログ

農ライフ創生センター 桃・梨専門コース募集

2018年11月29日

目的

桃・梨専門コースは、豊田市内で桃・梨農家として独立自営したい方向けの研修です。
県内有数の桃・梨の産地である豊田市がこの先も産地として維持されるため、担い手の確保と育成を図ることを目的としています。

内容

要件

•昭和51年4月3日以降に生まれた人
•桃・梨を慣行農法(注釈)で栽培する意欲のある人
•専門コース終了後、豊田市内で就農する人
•将来にわたって豊田市内で農業経営を行う意志のある人
•これまでに農業次世代人材投資事業の交付を受けていない人
•2年間の専門コースを受講でき、その間の生活が確立できる人
•里親農家や地域の人々と協調し、地域からの信頼を得ることができる人

(注釈)慣行農法:豊田市内の多くの生産者が実施している一般的な農法のこと

研修期間

平成31年3月から2年間

定員

3名程度

研修内容

1年目

•講座:愛知県立農業大学校 ニューファーマーズ研修(週2日程度)
農産物の流通、農業経営の基礎、農業簿記の基礎など
•実習:市内果樹農家(以下「里親農家」という)のほ場等で1,020時間以上の実践研修

2年目

•実習:里親農家のほ場等で1,200時間以上の実践研修
自己管理ほ場での年間を通じた栽培管理
•相談:独立自営に向けて、専門家等によるアドバイス

1・2年目

•実習に関する作業日誌を作成していただきます。

受講料

1.農ライフ専門コース受講費用 年2万円
2.農業大学校 ニューファーマーズ研修 教材費約1万8,000円

募集期間

平成30年11月9日~平成30年12月21日

主な支援

研修期間中

1.農業次世代人材投資事業(準備型)
年間150万円(2年間、要件あり)の交付
2.相談事業
経営開始に向けた支援

研修終了後

1.農業資材及び農業機械等に関する支援
栽培から販売までの直接経費のうち、農業資材等の購入費を予算の範囲内で助成
2.農業次世代人材投資事業(経営開始型)
年間150万円(最大5年間、要件あり)の交付
3.相談事業
農業経営アドバイザー等の専門家による伴走支援
4.ほ場の斡旋
研修修了後に独立自営が円滑に行えるように、廃業農家や規模縮小のほ場などの斡旋

応募方法

指定の応募用紙に必要事項を記入のうえ、直接または郵送で提出してください。
1.提出先
豊田市農ライフ創生センター
470-0373 豊田市四郷町松本105番地1
2.提出期限
平成30年12月21日(金曜日)必着

応募要項


ファイルイメージ

応募用紙


ファイルイメージ
#

関連タグ:豊田市農ライフ創生センター