おいでんさんそんセンターのセンター通信ブログ

千年持続学校 ~小屋改修×自然エネルギー講座開設会議~

2013年08月09日

8月9日豊田市太田町で行われている、「千年持続学校」の会議へ参加してきました。
田舎で暮らすという憧れはあっても、そのきっかけがつかめない。誰に相談していいかわからない。地域の人とうまくやれるか。そういった不安を、同じ目的をもった仲間とともに話し合い、学びながら地域に接していくことができたら、といった思いで話し合いが行われました。

小屋改修講座開設


千年持続学校の「住まい作り講座」により建設されている母屋(千年庵)の上棟式が2013年6月30日に終わり、その隣に建っている小屋の改修が今回の講座プログラム。
この小屋は主にトイレや風呂など、水廻りが集まる予定になっており、今後、壁の改修、外装内装工事、設備工事を行います。
当日は千年持続学校校長 高野雅夫氏(名古屋大学大学院環境学研究科准教授)や、建築士 市川真奈美氏、大工 河合定泉氏・高山忠男氏、左官 高山昌大氏、住居予定のSさん家族などが太田町「福蔵寺」に集まり、新講座開設に当たっての話し合いが行われました。
ねらいとしては、豊田市中山間地への移住促進、自然エネルギーで暮らす技術を学ぶ、中山間地で暮らすことのイメージの具体化、地域との結びつきをつくる、ということ。
話し合いをし、実際に小屋を見に行ってみました。

小屋見学


土壁は剥がれ、柱は傷み、基礎は不安で、間口は狭い。小屋を実際に目にして、建築士・左官・大工の話し合いが行われます。やはり図面で見るのと実際に見るのとでは違い、悩むところも見られましたが、そこは専門家、応用策がどんどん出てきて、みなさん楽しそうに話し合われます。夢が具現化していく過程に、傍で見ている私までわくわくしてきます。
改修は、壊れた土壁を直す作業からはじまります。すべて地元のものを使うため、「あそこの土はどうだ、あそこの竹はまだ若いからだめだ。」などの言葉も飛び交います。竹を切り、割り、編み、土を練り、塗る。昔はひとつの集落に大工や左官、鍛冶屋などが揃っていたと言います。きっと、こんな話し合いが行われていたのでしょう。
その道50年のプロフェッショナルの地元大工や左官に、「今ではもうやらない・時間も
費用もかかるし大手メーカーの技術のほうが発達している」と言われながらも、あえてその技術を若い人たちに伝えてくれ、それを学びに来る若者たちを受け入れる地域の人たち。街ではなかなか見られない「結」の心が感じられました。(安藤)

千年持続学校とは・・・自然エネルギー(地熱・独立型太陽光発電〈オフグリッド・ソーラー〉・バイオガストイレ・薪釜による風呂・給水設備・浸透法による排水設備・ロケットストーブなど)を100%活用し、昔ながらの大工技術を学ぶ、「エコでおしゃれな里山暮らし」を体現するための講座です。受講料5万円×20名=100万円を建設資金として(現代版の〈講〉)、受講生は自然エネルギーや大工技術を学びながら家を作り(現代版の〈結〉)、完成した家には、地元と話し合いを経て、移住を希望する受講生の中から住み手を決定するという取り組み。

千年持続学校ブログhttp://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1566281/1578063
#

関連タグ: 千年持続学校 

おいでん・さんそんセンター開所式・おいでんさんそんず任命式

2013年08月08日

~人と人、まちといなか、地域と企業をつなぐ~


平成25年8月8日(木)「おいでん・さんそんセンター」の開所式およびとよた山里暮らし通信員「おいでんさんそんず」の任命式が行われました。
平成17年の市町村合併により、豊田市は市域の約70%が森林の、都市と農山村が共存す
るまちになりました。この都市特性を生かし、都市部と農山村部の人やモノの循環を促し、それぞれが持つ強みと弱みを相互に補完しあう仕組みとして「おいでん・さんそんセンター」が設置されることになり、4ヶ月の準備期間を経て今日、開所式を迎えました。
また、山里暮らしの魅力を、生活者の視点から紹介していただく、市民レポーター「おいでんさんそんず」に、下山、小原地区から新たに2人と1団体を任命させていただき、5人と2団体の体制で充実したレポートを発信していただくことになりました。

おいでん・さんそんセンター開所式

太田市長からは、「ないもの探しでなく、あるもの探しが地域を育てる、参集いただいたあるもの探しの達人の皆さんにセンターを支えていただきたい。」、杉浦市議会議長からは、「中山間地のために活動する厚みを持った人材が豊田市の中にはたくさんいる。日本の、世界のモデルになる地域づくりが実現することを期待する。』とのあいさつをいただきました。
参集いただいた方々は本当に多彩な顔ぶれで、農林商工の産業界や地域のために活動さ
れている方々総勢120名もの方が開所式においでくださいました。
続いて、「おいでん・さんそんセンター」スタッフ紹介。右よりセンター長鈴木辰吉(旭地区在住)、コーディネートスタッフ安藤里恵(旭地区在住)、西田又紀二(足助地区在住)。
そして、地域の間伐材で作成、寄贈いただいた看板を披露。



おいでんさんそんず任命式


新たに『おいでんさんそんず』として活躍いただくのは、右から、「しもやま里山協議会」のブログ担当岡本みかさん(下山地区)、「近藤しいたけ園」を経営する近藤圭太さん(下山地区)、「スズキ広務店」を経営する鈴木孝典さん(小原地区)。みなさんの地域の魅力をどんどんを発見、発信していってほしいです!


意見交換会 テーマ『若者が感じる農山村の魅力と未来像』


左より、コーディネーター「名古屋大学大学院研究学研究科准教授」高野雅夫さん、パネリスト「green maman」宇角佳笑さん、「近藤しいたけ園」近藤圭太さん、「M-easy」戸田友介さん、「こいけやクリエイト」西村新さん、豊田市市長太田稔彦、おいでん・さんそんセンター鈴木辰吉。
『なりわいとしては厳しいが、原木しいたけにこだわっている。対面販売でのお客さんの反応がうれしく励みになる。情報発信が重要。』(近藤)。『すごいことをするのではなく、ここに住むだけでいい。暮らしを大切にするおじいちゃんおばあちゃんたちのように歳をとりたい。』(戸田)。『安心・安全なものを求めている母親は多く、都市にいても農村とつながれる。田舎で無農薬栽培にもチャレンジ、大変さを実感した。』(宇角)。『農業・暮らしにアンテナの高い人だけでなく、ふと手に取ってもらえる間口の広い情報誌で発信していきたい。』(西村)。『千年掛けねば戻らない暮らしが、この中山間地域にはある。必要だと思う人たちが勝手にはじめてしまうことが、未来につながる。』(高野)。『都市>農山村ではなく、都市=農山村が重要。強み、弱みを補い合い、共生できる街をつくっていく。』(太田)。『競い合って成長する時代から、支え合って豊かになる時代になった。センターが課題を解決するのではなく、きっかけを作る。期待に応えられるよう努める。』(鈴木)。
都市、農村部それぞれの地域で、ていねいな暮らしにこだわって活躍する若者たちに、農山村の魅力や未来像を語っていただき、充実した意見交換となりました。

 


今日、この開所式に来られた方々の地域に対する思いや、この「おいでん・さんそんセンター」への期待を間近で受け止めることできて、とても嬉しく思っています。そして、より気持ちを引き締めることができました。
末筆ながら、豊田市市長様、豊田市議会議長様、産業界の皆様、地域のために活動いただいている各種団体の皆様、そしてなにより都市と田舎に暮らす地域の皆様、まだまだ手探りの事業ではありますが、「おいでん・さんそんセンター」は地域のために尽力してまいります。これからよろしくお願いいたします。(安藤)

#

関連タグ:センター 講演 おいでん・さんそんず 

おいでん・さんそんセンター開所式

2013年08月06日

8月8日、午前10時から足助支所2階でおいでん・さんそんセンターの開所式が行われます。
豊田市長をはじめ非常に多くの関係者の方々にご来場いただける予定です。
開所式では、「おいでん・さんそんず」の新たなメンバーの任命や市長との意見交換会も予定されています。

開所式の内容

  1. おいでん・さんそんセンター概要説明
  2. スタッフ紹介
  3. センター看板披露
  4. おいでん・さんそんずの任命証交付
  5. 意見交換会 テーマ“若者が感じる農山村の魅力と未来像”
#

関連タグ:お知らせ センター 講演 おいでん・さんそんず 

稲武地区 トウモロコシ収穫と自然体験

2013年08月05日

おいでん・さんそんセンター準備室が初のコーディネート!!



平成25年8月3日(土)に、とトヨタ生活協同組合主催の「トウモロコシ収穫と自然体験」のプログラムに参加してきました!
この体験プログラムは、おいでん・さんそんセンター準備室(8月8日開設)初のコーディネート事業になります。稲武地区の集落・農家とのマッチングをとよた都市農山村交流ネットワーク、稲武里山体験推進協議会のご協力により実現しました。
この体験プログラム、定員90名に対して、なんと400名超の応募があったそう!

#

「稲武地区 トウモロコシ収穫と自然体験」の続きを読む

関連タグ:稲武 自然体験 

御鍬神社十三年大祭

2013年07月28日

~集落が集結する祭りに寄せて~


平成25年7月28日、旭地区東萩平にあるお須原山の御鍬神社十三年大祭においでん・さんそんセンター準備室として参加させていただきました。
お須原山の麓にある旭・足助の十三の集落(東萩平・池島・大坪・万根・市平・能見・御蔵・小町・渡合・実栗・月原・切山・菅田和)が十三年に一度集結して行う神事だそう。
まずはお須原山のある東萩平地区・大坪地区がAM5:00から太鼓や笛を奏でながら、東萩平八幡社から御鍬神社へ向かって練り歩きました。その後、AM9:00より十三地区が揃って神輿を引きながら、各地区の音頭を取りつつ神社へ練り歩きます。その姿は、さながら大名行列のようです。
その後、御鍬神社にて神事、餅投げ、棒の手奉納が行われました。


いつもひっそりとしているお須原山が大勢の地元人・親戚等で賑わい、約250年前から催されている伝統行事が今でも続いていること、保存・継続していくには集落の維持や連携が大切だと、ひしひしと感じた一日でした。
 
(鈴木)

#

関連タグ: 

全 515 件中 511 〜 515 件目を表示 100, 101, 102, 103