おいでんさんそんセンターのセンター通信ブログ

こどもの遊びとこどもの居場所

2014年02月01日

2月1日
とよたプレーパークの会主催『こどもの遊びとこどもの居場所』へ参加しました。
ゲストは、とよたプレーパーク設立時にサポートいただいた、NPO法人ゆめ・まち・ネット(富士市)の渡部達也さん(たっちゃん)です。たっちゃんの運営する「だごっこパーク」での取り組みを紹介していただきました。

午前中は『子どもにとって遊びってナニ?~すべての子どもたちへ~』と題して、「だごっこパーク」に集まってくる子どもたちを4コマ風スライドショーで紹介いただきました。

昔の遊びは危険がいっぱいで今の子どもたちには、

A「あぶない」
K「きたない」
B「ばかばかしい」

らしい。
でもここではそんなことは全くなく、季節関係なく川へ飛び込む、木を切って機関車を作る、リヤカーに乗り合わせてイオンへ買い物、雨の日でも野外でドラム缶風呂、雨防止のシートを張って(なぜか)野外でカードゲームなど,
子どもたちが自分のやりたいことをやりたいようにやる姿は、とても生き生きとしていて、おもわずくすっとするようなほのぼのとしたもの。
子どもにとっての遊びって、大人から与えられるものではなく、子どもたち自身で考えてこそ楽しいものなんだと、忘れていた感覚を思い出した方も多かったのではないでしょうか。
親や世間からの評価ではなく、「児童期に重要なのは『遊び』以外にない」と、『子どもへのまなざし』の著者・佐々木正美先生も書いています。



午後は『子どもの居場所ってどんなトコロ?~思春期からおとなへ~』と題して、話をしていただきました。

平成24年の、
○中学校内暴力発生件数 32521校中42089件。
○中学いじめ認知件数 181231件。
○中学不登校生徒数 3589774人中94836人。(1年:21895人、2年:33716人、3年:39225人)
○高校生長期欠席数 3351367人中56292人(ただし、長期欠席による退学は含まれない)
○高校中退数 53937人
○中学校で教室に入れない生徒 198355人(適応指導教室や保健室登校など)
○就学援助支援中学生 10320000人中1550000人(約15%)
○児童虐待相談受理件数 66807件
○小中高自殺者数 336人(就学者以外も含めた未成年587人)

「学校」という場所は、担当教科や年度ごとに先生がどんどん変わっていく。そうすると、どうしてもまず子どもの「欠点」や「不得意」が目についてしまう。
でも、子どもたちが地域に受け入れられるためには、ずっと自分を見ていて「長所」や「得意」を理解し伸ばしてくれる人が必要になってくる。
一時だけの判断ではなく、長く一緒にいて理解し見守ってくれる大人がいてはじめて、子どもは自分の「居場所」を見つけることができるのではないでしょうか。

どんな場所が「居場所」になりえるか。今回、聴講者(大人)が思う自分の居場所に感じることをひとりひとり発言しました。「おちつく」「自分でいられる」「必要とされている」…子どもの求める「居場所」って、実は大人はもう分かっているものなのかもしれません。(安藤)

#

関連タグ:とよたプレーパークの会 NPO法人ゆめ・まち・ねっと たごっこパーク 豊田市教育委員会 

ドイツで一番幸せな村の村長講演会

2014年01月11日

1月11日(土)
 長野県下伊那郡根羽村にて、ドイツ・レッテンバッハ村のウィルヘルム・フィッシャー村長をお迎えした「世界で一番幸せな村の村長講演会」が行われました。(主催:NPO法人地域再生機構)
 



 村の合併によって一時期780名だった人口は580名まで減少し、村にあった学校などの公共施設もすべて統合や売却で無くなり、村からは若者もいなくなり活気もなくなってしまった。そこで村民全員にアンケートを取ったところ、およそ80パーセントもの村民から「合併を解消したい」との意見がでてきたそう。
 「合併する」という法律はあれど「合併を解消する」という法律は無かったため、現村長は市議に話をするためにトイレや食堂で待ち伏せして何度も村の思いを訴えたそうです。1993年、思いが叶い晴れて独立した後は「若者が住みやすく、環境に優しい村づくり」を目標に掲げ、村民自身による新しい村づくりを行ってきました。
 現在は太陽光パネルや薪ボイラーによる自然エネルギーの活用、地域通貨による地域経済の循環、製造業の企業支援、学校や図書館・コンサートホール・礼拝堂・スーパーといった交流の拠点づくりなど、すべて補助金に頼らず自分たちの手で行っているという、なんともすてきな村の話を聞くことができました。
 現在の人口は860名!しあわせな村づくりで多くの若者も定住するようになったそうです。

 講演を聞いて、レッテンバッハ村の「幸せ」の秘密は、地域の中で、皆が自発的にかかわり助け合って自治を行っている事にある気がしました。隣人や子ども達の為に汗を流す事が喜びに、地域の元気に、自身の誇りに結びついている様ですね。(安藤)

#

関連タグ:根羽村 NPO法人地域再生機構 

第2回いなかとまちの文化祭~こころを耕す暮らしのマルシェ~

2013年12月01日

12月1日(日)、昨年度好評いただいた都市と農山村を結ぶイベントの第2弾「いなかとまちの文化祭~こころを耕す暮らしのマルシェ~」がとよたのまちなか(シティプラザ/ペデストリアンデッキ)で開催されました。いなかとまちが支え合う“暮らし満足都市”をめざし、いなかを中心に活動する団体がまちなかに出向き、農山村の魅力をアピールしました。


ペデストリアンデッキで行なわれたORiiBUさをり織、森の女子会ミニクリスマスツリーづくりや、矢作川水系ボランティア協議会の木の実を使ったウッドクラフトなど盛況で、ワークショップには順番待ちのお客さまもみられました。中でもシティプラザで行なわれた千年持続学校の「建前ごっこ」では、2畳分のスペースに実際におうちを建ててしまおう、というもの。参加した子どもたちの槌を打つ真剣な表情と完成したときの喜びの表情がみられ、見学に来ていた太田市長も興味津々。「是非来年もやってほしい」と楽しんでいかれました。


 


朝市でも人気の農家や作家が出展するとあって、マルシェが開かれているシティプラザでは開始前からお客さまがたくさん!昼のピーク時には行列のできるところもあり、山遊里のソーセージ、kohaのパン、とうふ屋しろの豆腐、日和のおにぎりなど完売続出!なかでも旭地域会の豚汁は150食が午後1時には完売で大盛況でした!


 今回は「まちなか野外音楽祭」と同時開催のため、ペデストリアンデッキのステージでは、ら・びーた、豊田東高校合唱部、葉根羽音、やじぃfromかむあそうトライブスのLIVEがあり、暮らしと森の息づく音楽が奏でられ、とてもピースフルな空気に包まれていました。また、シティプラザでは、豊田東高校吹奏学部、笑劇派、kecotico、Star☆T野良着ファッションショー、生涯書道風上会パフォーマンス書道、グリーンママンクロストーク、いなかとまちのシンポジウムなど、これからのいなかを楽しくするようなステージが開かれ大盛り上がりでした!


 今回はピーク時で千人が来場し、午前10時の開始から午後3時の終了までで数千人の方々が訪れてくださいました。参加団体のみなさま、ボランティアのみなさん、いなかとまちのお客さま、みんなが笑顔で帰っていかれました。今回をきっかけに、いなかとまちの新たな交流も生まれたら嬉しいです♪(安藤)

出展者

おいでん・さんそんセンター/愛知県交流居住センター/アグロ・プエルタ/耕Life編集部/ORiiBU/矢作・森の女子会/矢作川水系森林ボランティア協議会/green maman/ジョイナスえかく/オンリーワン/コレカラ商店/koha/とうふ屋しろ/日和/Three trees+(アンティ・マキ、こころざし工房、Miki-Co-Labo)/てくてく農園/松本自然農園/いのはな農園/近藤しいたけ園/first-hand/anam/つきあかり/ふくしまのみんな!遊びにおいでんプロジェクト/豊田地域猫の会/こけぐらし/naare/山里ちゃふぇ・アトリ/NPO法人都市と農山村交流 スローライフセンター/とよた都市農山村交流ネットワーク/旭地域会/手づくり工房山遊里/御立町にこにこ農園/千年持続学校/認定NPO法人日本グッド・トイ委員会/手廻しおるがんかごやか
#

関連タグ:まちなか イベント 

豊森なりわい塾公開講座「集落の未来~加子母に学ぶ地域づくり~」

2013年11月24日


11月24日(日)
 「集落の未来~加子母に学ぶ地域づくり~」と題して、豊森なりわい塾公開講座が旭交流館にて開催されました。元加子母村長 粥川眞策氏、(株)中島工務店社長 中島紀于氏を招き、村の取り組みなどを伺いました。


 まずは、豊森なりわい塾三期生でもあり加子母地域おこし協力隊・日吉沙絵子さんより、加子母の紹介がありました。加子母では、以下のような取り組みが行なわれています。
●加子母村づくり協議会(国道の花の育成)
●加子母ツアー(食文化などを伝える)
●域学連携(大学と連携、学生を生かした地域づくり)
●木匠塾(合宿型建築実習)
●加子母明治座(地歌舞伎・クラシックコンサート)
●ふれあいのやかたかしも(宿泊研修交流施設)
●ミニコミ誌「かしも通信」
●聞き書く「加子母人」



 つづいて、中島工務店社長・中島紀于氏の講演。
 電車もない、恵まれていない、そんな無い無いづくしの村で「食ってく」為に「自分で何でもやってやる」からこそ、皆で互いに助け合う関係があり、儲からんでも人生をかけて仕事に取り組んでいる。恵まれんほど、強くなることができる。
 現在、加子母の人口は3100人。全員が顔見知り。加子母に暮らす人が居なくなると、加子母の自然を守る為には税金を幾らつぎ込んでも足りない。地歌舞伎をやりたいからと村に残る若者や、Iターンで田舎に移り住んだ若者たち。彼らが昔ながらの伝統に取り組むことで、地元の人たちが古いものの価値観に気づくことができる。自然を守るDNAを持った加子母人が暮らし続けられるように取り組んでいる。
 

 そして、 元加子母村長 粥川眞策氏。
 村づくりは人づくり。村づくりの目的は、村人のアイデンティティの確立。いいと思ったことは、すぐに変えるべき。
 「良く学び良く遊び」良く学びは大人の知識、良く遊びは子どもの知恵。子どもの知恵を持った大人を育てる事が必要。教育はもっと柔軟性を持って取り組むことが重要。
 田舎に都会の人が来ることで、地域の大切さに気づき、田舎がより田舎らしくなる。
 多くの学者や研究者が来訪するが、ひと目見てのヒノキとサワラの違いや、過去この土地に生えていた木の存在を、みな分からない。加子母で生まれ、暮らした経験が身についている。

 とてもパワフルで熱い想いのお二人(粥川さんはなんと89歳!)に触れ、とても充実した時間でした。まだまだお話が聞き足りない(中島さんはきっと語り足りないでしょう)ので、今度はこちらから加子母にお伺いしたいと思います。(安藤)

加子母とは・・・
 
 岐阜県中津川市加子母(旧・加子母村)は岐阜県東部の長野県境に位置し、江戸時代は尾張藩領であった。総面積は115k㎡の南北に長い山間地で、標高は430~720m。地域の94%が山林で、東濃ひのきの主産地である。地区の東部は国有林の木曽ひのき備林(旧神宮林)であり、伊勢神宮や法隆寺、名古屋城などで使われるご用材を守り育てている。トマト、ナス、肉用牛などの生産が盛んで、地歌舞伎の伝統文化も残る。
#

関連タグ: 豊森なりわい塾 加子母 

原木しいたけ収穫と自然薯すりおろし体験

2013年11月17日


 11月17日(日)生協プログラム体験の第2弾が行われました。
 自然薯が特産の旭地区では、毎年秋に「笹戸温泉じねんじょ・もみじまつり」が開催され、多くのお客様でにぎわっています。今回のプログラムは旭観光協会と笹戸温泉振興会のご協力を得て、「笹戸温泉じねんじょ・もみじまつりのプレミニイベント」に乗せてトヨタ生活協働組合と共に企画。定員50名のところ、応募者はなんと195人59世帯。その中から抽選で51人17世帯の方に参加していただきました。

 


     午前中は各々でミニイベントを楽しんでいただき、昼からは、足助地区で60年間原木しいたけを栽培されている天野敬一氏からまるごと運んでいただいた原木しいたけのもぎとり体験と、旭特産じねんじょ「夢とろろ」のすりこぎ麦とろ体験を行いました。

 会場脇に並べられた原木。そこに生っている、ふだんスーパーで見かけているしいたけの倍もある大きく肉厚な原木しいたけに、みなさん驚かれていました。子どもたちも大はしゃぎで、わきあいあいと収穫を楽しんでいる姿がみられました。
 夢とろろを使った体験では、友人や家族ごとに自然薯を擦り、擦りたてのとろろで麦とろご飯を楽しんでいました。強い粘りと豊かな風味を特徴とする「夢とろろ」は、さらさらとした食感とコクのある味わいがあり、みなさんご飯をおかわりして大満足の様子でした。


 会場の「笹戸温泉じねんじょ・もみじまつり」では、昭和の名車展示やふるまい焼き芋・餅つき体験・LIVEに紅葉ウォークなども開催され、「是非また来年も来たい」とみなさん笑顔でお帰りになりました。(安藤)

#

関連タグ:トヨタ生協  笹戸町 

全 526 件中 511 〜 515 件目を表示 100, 101, 102, 103, 104, 105, 106