おいでんさんそんセンターのセンター通信ブログ

旭地区移住促進PR動画『だもんで、旭。』ができました。

2019年04月09日

 豊田市は、山間地域への移住を検討している方に向けて、旭地区を知っていただき、
移住先の候補として興味を持っていただくことを目的として、旭地区の魅力を発信す
る、移住促進PR動画「だもんで、旭。」を作成しました。

動画の中で紹介されている各種支援制度などは、以下のリンク先で詳しく紹介しています。
■空き家情報バンク(豊田市HP)・・・制度概要、補助・支援制度、移住者の声、実績等を掲載
 http://www.city.toyota.aichi.jp/kuras...
■山村地域移住情報バンク(豊田市HP)・・・豊田市内の登録物件、最新の情報を掲載
 http://www.city.toyota.aichi.jp/kuras...
■旭観光協会
http://www.kankou-asahi.toyota.aichi.jp/
■旭商工会
https://www.shokokai.or.jp/23/235441S...

噂の動画はこちら↓







#

関連タグ:旭地区,移住促進 

セカンドスクール2019~春フリー版~農家民宿ちんちゃん亭

2019年04月02日


3月29日(金)〜31日(日)までで行われた、セカンドスクール2019年春フリー版「あさひ山里ぼうけん遊び隊」が旭地区にある農家民宿ちんちゃん亭で開催されました。
 ちんちゃん亭では、なにを想い、大切にされてこのプログラムを開催されているのか、つぶやきから拾われた個々のみずみずしい感性など、活動の様子をfacebookで随時アップされています。(田中敦子)

******以下、二井寺農園・農家民宿ちんちゃん亭のFacebook投稿より転載*******

ちんちゃん亭セカンドスクール「あさひ山里ぼうけん遊び隊」2019年春!
親元離れて過ごす2泊3日、今回は14人の子どもたち。

大切にしてるのは「自由・人権・主体性」。

……………

無事に終了しました。
何度もリピーターで来てる子も多くて、今回で小学校卒業。
OBに限り中学生にもぜひ来て欲しい(高校になったらリーダーになって欲しい)と願いつつも、これが最後かもしれない。

主にキッチンの中からだけどその姿を目に焼き付けた三日間でした。

3年(小4→小6)という月日でぐんぐん成長してった子たち。
できることもどんどん増えて、教えてもらう側から教える側に。
見守ってもらう側から見守る側に。

私たちのセカンドスクールは、親が喜ぶ企画はありません。
保護者に媚びることもしません。
なんせ「カリキュラムのほぼない自由な3日間」なのだから。
(そのために参加費を払い送迎するってあり得ないことかも!)

でも、最後のリーダーMTGで「子どもたちの口から一度も『たいくつ』って言葉を聴かなかった」とゆかちんが言ってたように、私も「たいくつ」「つまらん」「やることない」ってセリフ聞いてない。

ある子たちは「3日間なんて短すぎる。夏休み中ずっとがいい」と。
ある子は「家族みたい」とポツリと。
ある子は「なーんにも言われない。なーんにも怒られない」と。笑

もちろんこの3日間は非日常だと思う。
やりたいことだけやればいいなんて、日常では無理。
でも、ゲームやテレビがなくたって仲間がいたら遊び足りないくらい楽しめるって自信がついたと思う。

最後に子どもたちに伝えたこと。
逃げたくなったら逃げたらいい、諦めてもいい、助けてって言えばいいよ、ってこと。
辛いことがあったら私たちを思い出して欲しい。
6年生には私の携帯番号を渡しました。
しんどくなったら飛んでいくからって。

5人の6年生に今回はお祝いケーキを焼いたよ。
子どもたちが発案してけーちゃんけーちんにサプライズのメッセージカードもらいました。

私たちを信頼して送り出してくださった保護者のみなさまありがとうございました!

このセカンドスクールが素晴らしいのは信頼できるリーダーたちがいてくれるから。
ちんちゃんリーダーは一つのチーム。
3日間おつかれさまでした♡


#

関連タグ:#セカンドスクールフリー版 

セカンドスクール2019春フリー版~山っ子くらぶ

2019年04月02日


3月28日(木)〜30日(土)、旧築羽小学校を再活用した地域を担う人材創造拠点「つくラッセル」をフィールドに、セカンドスクール2019春フリー版「山っ子くらぶ」が開催されました。

伺ったのは、2日目の夜、2日間かけてグループで作りあげた演し物を発表する「発表会」が行われている頃でした。
校舎前には寝泊り用のゲルが設置されています。
目の前の体育館からは大小さまざまな歓声があがり、外からも盛り上がっている様子が伝わってきました。

校舎を使った肝試しが始まると、「私行きたい、行ってくる!」「私行かなーい」という会話が自然に聴こえてきます。

顔色を伺うでもなく、大人も子ども、普段おとなしい子でも、個々の「やりたい。」を口にすることが当然の空間ができていました。
山村というフィールドと地域で暮らす方、セカンドスクールを機会に市外から参加するスタッフの方、参加者のみなさんと、全員が一緒に過ごす時間が重なって、セカンドスクールという場でそれぞれに影響し合っていました。

*セカンドスクールは、豊田市内の稲武、旭、下山、足助地区をフィールドに農作業や自然のなかで地域の方と交流しながらさまざまな山村の体験を行っています。
今後も夏、春と開催が予定されています。ご興味のある方は、ぜひ、ご参加ください。
(田中敦子)

#

関連タグ:#セカンドスクール春フリー版 

セカンドスクール2019春フリー版~稲武

2019年04月02日


2019年3月26日(火)~28日(木)
稲武を舞台に、セカンドスクール2019春フリー版「山のこどもになる!3日間 春版」が開催されました。
参加者は17名。グループに別れて、農家のお宅にホームステイすることを中心とした体験プログラムを実施されています。

お手伝いでジャガイモを植えたり、近くに肝試しに出かけたり、木のイスを手作りしたりと、最後に全員が集合したときには、それぞれに思い出に残った体験を楽しそうに話していました。
同じ時を共有しながら、各自がさまざまなアンテナを立てて興味をひかれています。
今回の体験を後に思い出したり、また思い出に残る場所や人を訪ねてみたり、今度はスタッフとして関わってみたりという姿がみえるようでした。

*セカンドスクールは、豊田市内の稲武、旭、下山、足助地区をフィールドに農作業や自然のなかで地域の方と交流しながらさまざまな山村の体験を行っています。今後も夏、春と開催が予定されています。ご興味のある方は、ぜひ、ご参加ください。
(田中敦子)



#

関連タグ:#セカンドスクールフリー版 

セカンドスクール2019春フリー版~下山

2019年04月01日


2019年3月25日(月)
セカンドスクール2019春フリー版がはじまりました。
今日から3月31日まで、豊田市内の稲武、旭、下山地区をフィールドに農作業や自然のなかで地域の方と交流しながらさまざまな山村の体験を行います。

今日から開始のプログラムは、下山地区で開催の「おいしい体験inしもやま 自分で釣って作って食べちゃおう」。

下山に到着したら、さっそくお昼の準備がはじまりました。お昼作りは下山の保健福祉センター「まどいの丘」で行われ、準備の合間に、入り口を飾る春の花を植えていきます。

午後は釣った魚が夕飯になり、2日間、五平餅づくり、お餅つき、つくったウィンナーでポトフなどなど、素材が育つ環境を目の当たりにしながら、その準備から作る過程までを体験できる内容を実施されています。

参加者の保護者の方からは、「こういった体験は初めて参加します。こういった機会があるのが有難いです。」とお話いただきました。
セカンドスクール フリー版は、豊田市内に住む小学生の方を対象に、今後も夏、春と開催が予定されています。ご興味のある方は、ぜひ、ご参加ください。(田中敦子)


#

関連タグ:#セカンドスクール 

全 526 件中 6 〜 10 件目を表示 1, 2, 3, 4, 5 ...106