イベント情報

2/16・17 帰農者滞在施設利用者募集 現地説明会

イベント名

帰農者滞在施設利用者募集 現地説明会

日時

場所

豊田市農林漁家高齢者センター(ハウスポニー)
豊田市夏焼町ナカノ139-2
(備考)帰農者滞在施設へ直接集合ではありません。

内容

緑豊かな稲武地区で、帰農者滞在施設の利用者を募集しています。
雄大な自然と稲武地区の生活に触れてみませんか!

夏焼(標高540m)、野入(標高680m)、山あいの農地で農作物を作ることが出来ます。標高が高く、夏場は日温格差が大きいため、甘みのある野菜が収穫できます。

いなかで農業をしたいと思っている方の足がかりに、移住を考えている方のお試しに、滞在施設の利用はいかがでしょうか?

利用期間は平成30年4月1日~平成31年3月31日。1年間更新で、通算5年間更新できます。
2月16日(金)・17日(土)には現地説明会もあります(要予約)
詳しくは、豊田市ホームページ市政情報 または、1月15日号「広報とよた」をご覧ください。
http://www.city.toyota.aichi.jp/shisei/jichiku/1008649/inabu/1005401.html

利用期間

平成30年4月1日~平成29年3月31日
(市長が認めたときは、利用期間を1年間更新することができる。ただし、通算して5年間を超えることができない。)

利用資格

  1. 1.都市部の住民で稲武地区に滞在しようとする人
  2. 2.施設に滞在して農地を耕作することが相当とする地域に居住する人
  3. 3.農地を積極的に耕作するとともに、十分な管理ができる人
  4. (近隣に設定した約1アールの農園の利用と管理)
  5. 4.施設及び農地の利用に関し、定められた事項を遵守できる人

利用料等

●夏焼みどりのふるさと村 1戸
住所:豊田市夏焼町モチアケ123
年間280,000円(電気、ガス、水道費は各自)

●野入みどりのふるさと村 2戸
住所:豊田市野入町向山14
年間270,000円(電気、ガス、水道費、下水道費は各自)

現地説明会

施設概要や施設を利用する際のきまりなどの説明や施設・農園の見学をおこないます。
参加には、2月14日(水)までに稲武支所へ予約が必要です。

1.開催日程
 2月16日(金曜日)・17日(土曜日) どちらも午前10時30分より
2.開催場所
豊田市農林漁家高齢者センター(ハウスポニー)
 (豊田市夏焼町ナカノ139-2)
(備考)帰農者滞在施設へ直接集合ではありません。
3.その他
農園見学を予定しています。足元等、汚れてもよい服装でお越しください

申し込み方法

申込書を稲武支所へ持参または郵送してください。
利用申込み書は、現地説明会で配布されます。
1.受付締切
平成30年3月2日(金曜日)
2.受付時間
平日 午前8時30分~午後5時15分
3.受付場所
稲武支所(豊田市稲武町竹ノ下1-1)

*•3月中旬に審査会を開催し、選考します。選考結果の確定通知は3月下旬頃の発送を予定しています。


ファイルイメージ

帰農者滞在施設利用者募集案内

問い合わせ先

豊田市稲武支所 地域振興担当
電話番号:0565-82-2511
ファクス番号:0565-82-3272

#

関連タグ:募集 稲武 

2/10しもやまで婚活「しもコン」

イベント名

しもやまで婚活「しも婚」

日時

2018年2月10日(土)     午前9時~午後1時半

場所

下山基幹集落センター

対象

25~40歳の未婚女性

内容

下山地区の男性と立食パーティーの婚活パーティー

定員

先着20人
※応募者少数の場合中止

参加費

3,000円

問い合わせ先

12/20(水)9時から〒住所、氏名、電話、ファックスかEメールで里楽暮住しもやま会
℡ 90-2111、 fax 90-3344
relax_simoyama@yahoo.co.jp
※里楽暮住しもやま会HPからも申し込み可
https://shimoyamakonkatsu.jimdo.com/

#

関連タグ:婚活 下山 

2/4 平成29年度 いなかとまちのくるま座ミーティング 「見えてきたミライ~つないだ5年の軌跡~」

イベント名

平成29年度 いなかとまちのくるま座ミーティング 「見えてきたミライ~つないだ5年の軌跡~」

日時

2018年2月4日(日)     13:00~17:00(受付開始12:30)

場所

豊田商工会議所
(豊田市小坂本町1丁目25

内容

おいでん・さんそんセンターを開設して5年が経過しようとしています。中間支援組織として、都市と山村、人と人、地域と企業を結びながら様々な地域課題に向き合ってきました。
それらは、拡大と成長の時代が私たちにもたらした豊かさの代償、過疎、格差、環境問題などでした。
先進国に富が集中した時代が終わりを告げ、人口減少、高齢化が覆うこれからの日本をどう創るか。
少しずつ見えてきた安定と成熟の社会のミライ、ともに生きる社会、地域自治のあり方をあなたには見つけることができるだろうか。

ゲストなど、詳細は決定しましたら、随時、facebook、ホームページ等でお知らせします。

主催:豊田市企画政策部企画課 おいでん・さんそんセンター

プログラム

■第1部:定員180名  参加費:無料  

13:10~14:15 基調報告 【当日でもご参加いただけます。お問い合わせは2日(金)17時まで】

13:10~13:45テーマ:「センター5年の軌跡ー見えてきたミライ」
  講師:鈴木辰吉(すずき たつよし)おいでん・さんそんセンター長

13:45~14:15 対談
  対談者:澁澤寿一(しぶさわ じゅいち)氏
  豊森なりわい塾 塾長、認定NPO法人「共存の森ネットワーク」理事長・農学博士

■第2部:会場:各会議室  参加費:無料
定員:各分科会30名程度とし、調整させていただく場合があります。 

14:30~16:30 くるま座談義 【先着順】

★分科会①「移住・定住専門部会」&「地域スモールビジネス研究会」 【満席です。締切ました】 
テーマ:「地域で違う!?移住のカタチ」
●豊田市の山村部や奥三河、岐阜県恵那市串原から移住者をゲストにお迎えし、「暮らし」  「生業」の組み立て方等に地域性があるのではないかという仮説のもとでお話を伺い、比較します。
【ゲスト】 
 豊田市山村部、設楽町、東栄町など奥三河地域、岐阜県恵那市串原の移住者10名程度
【コーディネーター】
 村田元夫(むらた もとお)氏 ((株)ピー・エス・サポート代表取締役)


★分科会②「食と農分科会」 【定員となりました】
テーマ:「中山間地農業は守れるか」
●中山間地域では、人口減少、高齢化に伴い急激な農地の荒廃化が進んでいます。強い農業を目指し農地の流動化、経営規模拡大を主軸にした国の政策では、条件不利な中山間地農業を持続かすることはできません。農業をあきらめるということは、そこに人が止まる意味を失うことです。集落営農、地産地消、農ある暮らしなどを切り口に中山間地農業のあるべき姿を探ります。
【ゲスト】 
 ①伊熊営農クラブ「企業との連携による集落営農」
 ②一般社団法人モビリティビレッジ「ベジタブル・コミュニケーター事業」
 ③トヨタ生協協同組合「産直コーナーおよび組合員向け農業体験」
【コーディネーター】
 西川芳昭(にしかわ よしあき)氏 (龍谷大学経済学部教授)

★分科会③「次世代育成部会」&「セカンドスクール部会」【定員となりました】
テーマ:「子どもをど真ん中にした持続可能な地域づくり」
●長野県泰阜村は人口1600人の過疎の村。国道も信号もコンビにもありませんが、山村留学や長期キャンプに毎年約1000人の子ども達がやってきます。日本初、教育立村の挑戦について伺い、皆で教育の力の可能性を探ります。
【ゲスト】
 ①齋藤新(さいとう しん)氏(NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター事務局長)
 ②セカンドスクール部会活動者
 ③次世代育成部会活動者
【コーディネーター】
 安藤順(あんどうじゅん)氏 (ひゃくようばこ主宰)

16:40~17:00 まとめの全体会

【登壇者】各分科会コーディネーター等、太田稔彦豊田市長、鈴木辰吉

■第3部:17:30~ 夜なべ談義(交流会)

 場所:大割烹だるま 豊田市西町5-1
 参加費:5,000円
 定員:90名 【先着順】【締切ました】


申し込み方法


下記の方法でお申し込みください。
申し込みは1月4日(木)8:30~1月26日(金)17:30必着です。
締切ました。多数の方のお申込みありがとうございました。なお、第1部基調報告は当日でもご参加いただけます。

●申し込みフォーマットより申し込みの場合

専用申し込みフォームよりご記入ください。
申し込みフォーム


●FAXで申し込みの場合

下記チラシ裏面を印刷しご記入の上、0565-62-0614にFAXして下さい。

●メールで申し込みの場合

件名を【くるま座参加申込】として、本文に以下の必要事項を入力のうえ、E-mail:sanson-center@city.toyota.aichi.jpまでお送りください。
折り返し、ご連絡いたします。尚、一週間たっても連絡がない場合はお問合せください。


1.氏名:
2.(ふりがな):
3.電話番号:
4.E-mail:
5.住所・〒:
6.所属(団体・会社等)
7.参加希望 ※該当箇所の( )に○印を付けて下さい。

  ( )第1部:基調講演
  ( )第2部:くるま座談義
     ※ご希望のテーマを第2希望まで記入してください。
     ①移住定住&スモールビジネス
     ②食と農 
     ③次世代育成&セカンドスクール
       ※該当の数字を記入して下さい。
       第1希望( )
       第2希望( )
  
  ( )第3部:夜なべ談義【※参加費5,000円】

駐車場について

豊田商工会議所には駐車場が少ないため、なるべく公共交通機関を利用いただきますようお願いします。近隣のコインパーキングもご利用できます。(3時間まで無料)


ファイルイメージ

チラシ


くるま座チラシ表

くるま座チラシ裏

問い合わせ先

おいでん・さんそんセンター
豊田市足助町宮ノ後26-2(足助支所2階)
TEL:0565-62-0610 FAX:0565-62-0614
E-mail:sanson-center@city.toyota.aichi.jp
(開所時間:8:30~17:00
休み:土日祝日、12/29~1/3)

#

関連タグ:おいでん・さんそんセンター いなかとまちのくるま座ミーティング 

2/3地域に溶け込みながら暮らしを楽しんでいる女性と語り合おう@奥三河・東栄町

イベント名

地域に溶け込みながら暮らしを楽しんでいる女性と語り合おう@奥三河・東栄町

日時

2018年2月3日(土曜日)      13時集合 16時解散

場所

体験型ゲストハウスdanon
(愛知県北設楽郡東栄町本郷下前畑6-1)

内容

愛知県交流居住センターと株式会社岡村製作所のコラボ企画の3rd sessionです。
今回は、奥三河・東栄町の「体験型ゲストハウスdanon」を訪問し、地域に溶け込み、活動や仕事をしながら、暮らしを楽しんでいる女性たちのお話をお聞きし、みなさんとともに「Work in Life」について語り合います。
山里で暮らす女性のお話を存分に聞くことができますので、みなさんのご参加をお待ちしています。

<スケジュール>
 13:30 体験型ゲストハウスdanon集合
    (東栄町本郷下前畑6-1 名古屋から車で概ね2時間)
     / オープニング
 13:10 体験型ゲストハウスdanonの見学と金城愛さんからのお話
 14:20 伊藤由紀子さん、福田雅美さんからのお話
 15:00 ゲストと参加者のみなさんとの意見交換
 16:00 クロージング 終了
<ゲスト>
 金城愛さん(東栄町在住・体験型ゲストハウス danonオーナー)
 伊藤 由紀子さん(新城市在住・子育てママ)
 福田 雅美さん(設楽町在住・奥三河調査隊としてSNSで気ままな地域情報を発信)
<対象>
 日頃の生活と仕事について問題意識を持つ方
 山里での仕事に興味のある方
 暮らしと仕事のバランスを模索する方 など
 ※お子さま連れ、ご家族での参加も歓迎します
<定員> 20名
<参加費> 無料
     交通費、昼食代は自己負担をお願いします。  
<主催> 愛知県交流居住センター / 株式会社 岡村製作所

※車でお越しの際には、安全運転でお願いします。
 凍結や積雪の場合もありますので、冬タイヤの装着をお勧めします。


問い合わせ先

<問合せ> 愛知県交流居住センター(担当:春日・加藤)
     ☎ 052-232-1750 / ✉ cue_info@okamura.co.jp

〈申込み〉岡村製作所CueのWEBサイトよりお申込みください。
     http://workmill.jp/cue/event/20180203.html

#

関連タグ:三河の山里 Cue 体験型ゲストハウスdanon 東栄町 

1/21避難所運営ゲーム「HUG」をやってみよう!

イベント名

避難所運営ゲーム「HUG」をやってみよう!

日時

2018年1月21日(日)     13:00受付開始 13:30~17:00

場所

敷島農村環境改善センター敷島会館
豊田市杉本町奥西山49

内容

 「HUG」は避難場所運営をみんなで考えるためのひとつのアプローチとして開発されたゲームです。
 避難者の年齢や性別、国籍やそれぞれが抱える事情が書かれたカードを、避難所の体育館や教室に見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか、また避難所で起こる様々な出来事にどう対応していくかを模擬体験します。
 旭地区でも、いつ何時、災害が起きて避難することになるかわかりません。このゲームを通して、いざという時のこと、考えてみませんか?

【スケジュール】
13:00 受付開始
13:30~16:30  避難所運営ゲーム「HUG」
           講師:豊田市防災対策課
16:30~17:00  講評「避難所の実際」
          元防災NPOレスキューストックヤード代表 西田又紀二(にしだゆきじ)

【対 象】 中学生以上

【参加費】 無料

申込み方法

申込者氏名、参加人数を記入のうえ、件名を「HUG申込み」としてtinchantei@gmail.comまでメールでお申込下さい。

問い合わせ先

あさひ若者会事務局(旭支所内)
電話:0565-68-2211

#

全 240 件中 1 〜 5 件目を表示 1, 2, 3, 4 ...48