イベント情報

2/26 天然アユが元気に暮らす川づくり~1000万尾のアユが遡上しても釣れない矢作川を考える~

イベント名

天然アユが元気に暮らす川づくり~1000万尾のアユが遡上しても釣れない矢作川を考える~

日時

2017年2月26日(日)     13:30~16:50

場所

JAあいち豊田ふれあいホール
(豊田市西町4-5)

内容

テーマ:天然アユが元気に暮らす川づくり ~1000万尾のアユが遡上しても釣れない矢作川を考える~

報告「天然アユが暮らす矢作川の現状」
  山本大輔・内田朝子・白金晶子(豊田市矢作川研究所)

パネルディスカッション「天然アユが元気に暮らす川づくり」
 パネリスト
  高橋勇夫(たかはし河川生物調査事務所)
  椿 隆明(アユ釣り師)
  村上哲生(中部大学)
  内田臣一(愛知工業大学)
  赤堀良介(愛知工業大学)
 コーディネーター
  山本敏哉(矢作川研究所)

◆申し込み不要
◆無料

詳しくは、矢作川研究所ホームページへ
http://www.yahagigawa.jp/topics/entry-561.html

チラシ(PDF)

お越しの際はなるべく公共交通機関をご利用下さい。お車で来られる場合は会場のJAあいち豊田南側の立体駐車場をご利用下さい。

交流会について

午後5時10分より交流会を開催します(参加費4,000円)。
参加を希望される方は2/17(金)までに、FAX(0565-34-6028)もしくはe-mail(yahagi@yahagigawa.jp)でお申し込みください。
会場:大割烹だるま(豊田市西町5-1)
http://www.daikappodaruma.co.jp/map.html


問い合わせ先

豊田市矢作川研究所
TEL:0565-34-6860 FAX:0565-34-6028
E-mail:yahagi@yahagigawa.jp

#

2/26『小原暮らしの大見本市』

イベント名

小原暮らしの大見本市

日時

2017年2月26日(日)     10:00~14:30

場所

小原地区大平町
集合場所:大平児童館 (豊田市大平町宮ノ前5-1)

内容

豊田市は、日本『住みたい田舎』ベストランキングにて、
「子育て世代が住みたい田舎 第2位」に選ばれました。
移住先を探している方に、
『小原暮らしの大見本市』開催します!

今回紹介するのは、豊田市小原地区大平町で行う、
移住先紹介イベント『小原暮らしの大見本市』です。
小原和紙、小原歌舞伎や四季桜などでも有名な小原。
名古屋や瑞浪にも比較的近く,
便利な地域です。
実際に家や土地を見て、地域の方と話をしたりすると、
移住のイメージが膨らみますよ。
ぜひ、ご参加ください。

小原暮らしの大見本市チラシ(PDF)

当日スケジュール

10:00 集合
  ①直販売予定の宅地物件、宅地販売物件の見学
  ②道慈小学校 見学 ・・・地元の小学校の雰囲気を感じてください
  ③空き家・古民家再生物件の見学・・・空き家には畑も付いてきます
12:30
  食の交流会・・・地域の皆さんによる芋煮の振るまいがあります。(無料)
          食べながら、先輩移住者の話を聞いたり、地域の方と交流をします。
14:30頃 解散

参加費

無料

参加方法

参加希望の方は2/20までに、お名前・参加人数を添えて、お申込みください。
(当日の参加も大丈夫ですが、芋煮を用意するので、事前に分かると助かります。)

その他

・昼食用のお握りなどをご持参ください。
・当日は自家用車で移動していただきます。

主催

小原地区大平自治区、大平自治区若者定住委員会
協力:おいでん・さんそんセンター


問い合わせ先

豊田市小原支所 地域振興担当 白川
0565-65-2001 
電話  0565-65-2001
 E-mail obaraーshisho@city.toyota.aichi.jp
※当日の連絡先は、加知(080-3076-8297)まで

#

関連タグ:移住 古民家 小原 宅地販売 

2/18 はじめの1歩セミナー 聞いてトクする相続と空き家活用のはなし~これからの家や土地のこと 今から考えてみませんか?~

イベント名

はじめの1歩セミナー 聞いてトクする相続と空き家活用のはなし~これからの家や土地のこと 今から考えてみませんか?~

日時

2017年2月18日(土)     10:00~11:30

場所

豊田市足助支所2階 第2会議室

内容

近年増加している空き家。家や土地の相続や人に貸すことを含めた空き家活用について考えてみませんか。

■ 元気なうちに、今後の家や土地の相続について考えていきたい! でも、・・・何から始めればいいの?
■ 相続のイロハについて知りたい!
■ 空き家の活用を検討している家主に対して支援制度ってあるの?

とお考えの方、ぜひご参加ください。

詳しくは、下記チラシをご覧ください。
聞いてトクする相続と空き家活用のはなしチラシ(PDF)

【主催】 豊田市役所 足助支所
【協力】 おいでん・さんそんセンター

【1】 相続のイロハについて

相続の基本について専門講師よりお話します。将来の家や土地の相続について、事前に準備しておくポイントなどお伝えします。

●講師紹介●
 株式会社 スター・コンサルティング 取締役 大谷 峰久氏
  ファイナンシャルプランナーとして、生命・損害保険、不動産、住宅ローン、資産形成の提案などを主として活動。提案にあたっては合理性を追求するのみならず、経済環境と個々の家庭環境を照らし合わせそれぞれのライフプランに沿った安心できる提案を心がけて活動中。平成26年より豊田市民活動センターで、「相続と遺言」の講師を務める。

*セミナー終了後、大谷講師への個別相談を受付ます!(先着4組・事前予約制)
 ・相談時間は1組15分までとします。順番によってはお待ちいただくこともあります。あらかじめご了承ください。
 ・個別相談を希望される方は、申込みの際にその旨をお伝えください。

【2】家主さん必見!空き家活用の支援制度を紹介!

 空き家バンクや空き家片づけ応援制度など空き家活用を検討している家主さんを応援する支援制度をご紹介します。また空き家を貸す側の心配ごとについてもお答えします。

申込み方法

受付開始:平成29年2月3日(金曜日)午前10時から
電話のみ受付。
先着30人。定員になり次第受付を終了します。

豊田市役所足助支所 地域振興担当 自治・定住グループ
電話番号:0565-62-0601
(月曜日~金曜日 午前8:30~17:15)


問い合わせ先

豊田市役所足助支所 地域振興担当 (豊田市足助町宮ノ後26-2)
電話番号:0565-62-0601

#

2/17・18 帰農者滞在施設利用者募集 現地説明会

イベント名

帰農者滞在施設利用者募集 現地説明会

日時

場所

豊田市農林漁家高齢者センター(ハウスポニー)
豊田市夏焼町ナカノ139-2
(備考)帰農者滞在施設へ直接集合ではありません。

内容

緑豊かな稲武地区で、帰農者滞在施設の利用者を募集しています。
雄大な自然と稲武地区の生活に触れてみませんか!

夏焼(標高540m)、野入(標高680m)、山あいの農地で農作物を作ることが出来ます。標高が高く、夏場は日温格差が大きいため、甘みのある野菜が収穫できます。

いなかで農業をしたいと思っている方の足がかりに、移住を考えている方のお試しに、滞在施設の利用はいかがでしょうか?

利用期間は平成29年4月1日~平成30年3月31日。1年間更新で、通算5年間更新できます。
2月17日(金)・18(土)には現地説明会もあります(要予約)
詳しくは、豊田市ホームページ市政情報 または、1月15日号「広報とよた」をご覧ください。
http://www.city.toyota.aichi.jp/shisei/jichiku/1008649/inabu/1005401.html

利用期間

平成29年4月1日~平成30年3月31日
(利用期間を市長が認めたときは、1年間更新することができる。ただし、通算して5年間を超えることができない。)

利用資格

  1. 1.都市部の住民で稲武地区に滞在しようとする人
  2. 2.施設に滞在して農地を耕作することが相当とする地域に居住する人
  3. 3.農地を積極的に耕作するとともに、十分な管理ができる人
  4. (近隣に設定した約1アールの農園の利用と管理)
  5. 4.施設及び農地の利用に関し、定められた事項を遵守できる人

利用料等

●夏焼みどりのふるさと村 1戸
住所:豊田市夏焼町モチアケ123
年間280,000円(電気、ガス、水道費は各自)

●野入みどりのふるさと村 2戸
住所:豊田市野入町向山14
年間270,000円(電気、ガス、水道費、下水道費は各自)

現地説明会

施設概要や施設を利用する際のきまりなどの説明や施設・農園の見学をおこないます。
参加には、2月15日(水)までに稲武支所へ予約が必要です。

1.開催日程
 2月17日(金曜日)・18日(土曜日) どちらも午前10時30分より
2.開催場所
豊田市農林漁家高齢者センター(ハウスポニー)
 (豊田市夏焼町ナカノ139-2)
(備考)帰農者滞在施設へ直接集合ではありません。
3.その他
農園見学を予定しておりますので、長靴をご用意ください。

申し込み方法

現地説明会で申込み書を配布します。

利用希望者本人が直接、申込書を稲武支所へ持参してください。
1.受付締切
3月4日(土曜日)午後3時
2.受付時間
平日 午前8時30分~午後5時15分

*3月中旬に審査会を開催し、選考します。選考結果の確定通知は3月17日(金曜日)頃の発送を予定しています。


平成29年度 帰農者滞在施設利用者案内(PDF392.8KB)

問い合わせ先

豊田市稲武支所 地域振興担当
電話番号:0565-82-2511
ファクス番号:0565-82-3272

#

関連タグ:募集 稲武 

2/11・25・3/4 自然の仕組み探検隊(植物編)

イベント名

自然の仕組み探検隊(植物編)

日時

2017年2月11日(土)、2月25日(土)、3月4日(土)     午前8時~9時 豊田市市街地出発、午後3時~4時 解散

場所

豊田市自然観察の森、射穂神社、田原市泉福寺

内容

 基本的な森の仕組みについて現地での体験を中心に学びます。
     これから森と関わっていきたい方、もっと森について知りたい方、
            これまでとは違った視点で森を見つめることが出来ますよ。
 
詳しくは、とよた森林学校ホームページへ
http://www.woodytoyota.net/gakkou/1-12_kouza%20-tyousa.html


 【日程】
 第1回 2/11(土) 森林の階層構造を実感しよう
       場所:射穂神社

 第2回 2/25(土) 植物の冬越しを観察しよう
       場所:豊田市自然観察の森

  第3回 3/4 (土) 常緑広葉樹の観察
       場所:田原市泉福寺



【定員】 20名
       ☆中学生以上で、森林に興味のある方
 
【参加費】
 3回分 3,000円 (講座初日に集めます)
 
【講師】
 豊田市森林課 北岡明彦
 
【その他】
 いずれの回も、豊田市市街地を午前8時~9時にバスで現地に行き、午後3時~4時 帰着・解散。

申込方法

締切日:2017年1月20日(金)
とよた森林学校事務局へ
*申込み多数の場合は抽選。定員に満たなければそれ以降も先着順に受付けますので、まずは問い合わせてください。


問い合わせ先

とよた森林学校 事務局 (豊田森林組合内)
豊田市足助町横枕5番地
TEL:0565-61-1618
※電話での受付時間は平日の8時30分から17時30分です。
FAX:0565-61-1617
E-mail: kozwoody★asuke.aitai.ne.jp
※迷惑メール防止のため、E-mailアドレスの@を★マークにしています。メールでお問い合わせの際は、★を半角@に直して送信ください。

#

全 9 件中 1 〜 5 件目を表示 1, 2