集落活動応援隊活動レポート

旭八幡町(旭地区)に応援隊を派遣

2013年10月25日

10月13日(日)
旭地区の旭八幡町へ集落活動応援隊7名を派遣しました。
旭八幡町(あさひやわたちょう)は、12世帯人口30人の小規模高齢化集落。秋晴れの空の下、応援隊は20日に催行される郷社の祭礼に向けた参道などの草刈りや掃除、しめ縄作りのお手伝いをしました。


八幡神社は、サクライソウ・ツクバネの自生地として愛知県指定文化財になっており、5年前に社有林を使って本殿が改装され、築羽自治区にとっても郷社として大事な場所です。


鈴木禎一組長は「住民の数も減り、地域の人だけではお祭りを維持していくのが大変。今日はどこまで頼んで良いのか分からなかったが、作業がはかどって有り難かった」とおっしゃっていました。


翌週20日に行われた郷社の祭礼は生憎のお天気でしたが、豊森なりわい塾の方も参加され楽しく催行されました。地域でお囃子の継承者の育成が始まったようで、来年は花車を引いての宮入が賑やかになりそうです。応援隊の皆さんお疲れ様でした。(西田)


#

5世帯の集落、坪崎町に応援隊を派遣

2013年10月01日

9月28日(土)

坪崎町(旭地区)へ集落活動応援隊7名を派遣しました。
坪崎町は、5世帯人口9人、高齢化率70%の小規模高齢化集落。応援隊は、翌日催行される氏神様の祭礼に向けた参道などの草刈りに汗を流しました。集落内の県市道の草刈りが行き届いていることに驚くと、横山組長は、「通りの草刈りが出来なくなった時は、集落が終わる時、これだけはやり通そうとみんなで決めた。」との事。応援隊は、来年も来ることを約束して坪崎町を後にしました。
坪崎町頑張れ、応援隊の皆さんお疲れ様でした。
(鈴木)


#

全 2 件中 1 〜 2 件目を表示