集落活動応援隊活動レポート

旭八幡町へ集落活動応援隊を派遣

2014年08月31日

8/31(日)
旭地区の旭八幡町へ集落活動応援隊12名を派遣しました。
旭八幡町(あさひやわたちょう)は、12世帯人口30人の小規模高齢化集落です。
この日は2班に別れて、支障木(ししょうぼく)の伐採作業と、八幡神社の草刈り作業です。



一班は、旧築羽小学校へ昇る道で、電線に掛かったり、交通の支障や枯れて落木の危険がある木を高枝切りやチェーンソーを使って伐採しました。藤蔓や葛などのつるが絡まっていて手間のかかる作業でしたが、2tダンプで4杯もの支障木を伐採しました。



もう一班は、八幡神社の草刈りと清掃活動です。八幡神社にある農村舞台は「農村舞台アートプロジェクト2014」のアート展示舞台として、9/21(日)〜28(日)まで彫刻作家、本多晋一郎氏の作品が展示されます。その為、秋の祭礼の草刈りに先んじての草刈り作業となりました。八幡神社は、サクライソウ・ツクバネの自生地として愛知県指定文化財になっており、急な参道を上がっていくと、静かな境内に心洗われる空間があります。ぜひ作品展示期間に訪れてみて下さい。



作業中は汗をかくお天気でしたが、木陰に入ると涼しい風が心地良く、8月末とは言え秋の気配を感じながらの作業でした。
作業終了後は、集落の方が作って下さった美味しい豚汁を頂き懇談しました。


#

関連タグ:旭八幡町 集落活動応援隊 

全 1 件中 1 〜 1 件目を表示