おいでんさんそんSHOWピックアップ

支え合う社会の実現に向けて前進

2017年03月31日


一般社団法人おいでん・さんそん設立

一般社団法人おいでん・さんそんの登記手続きが完了し、4月1日から、法人として本格的な業務を開始します。
 これまで、おいでん・さんそんセンターを運営してきた住民、行政、NPO、専門家の方々で構成されているプラットフォーム会議のメンバーが理事、監事となり、センター長の鈴木辰吉が代表理事に就任します。
 法人化は突然決まったわけではなく、センター開設当初から予定されていました。今年度当初から、法人化のための専門部会を設けて、先進事例や組織のあり方について調査と研究を重ねてきました。
 今後は、都市と山村、人と人、地域と企業をつなぐことで社会解決を解決し、「暮らし満足都市」を実現する豊田市の取組み「おいでん・さんそんセンター」の業務を「おいでん・さんそん」が受託することとなります。市の出先機関としてのセンターから、一般社団法人になることで、市民の皆さんにとって変わることはありませんが、支え合う社会に有用な人材育成や持続可能な地域づくりの研究・実践などの自主事業を、民間ならではの迅速さ、身軽さで、更に展開していくことを目標にしています。
 「これから迎える安定と成熟の時代は、支え合って人々が幸福になる社会でならなければならない」というおいでん・さんそんセンターの価値観を共有する仲間を集め、ネットワークを形成し、社会課題を解決に導く社会運動体として、一般社団法人おいでん・さんそんが要となっていけるよう活動を続けていきたいと思います。
 なお、事務所は今までと変わらず足助支所2階にあります。4月からは、これまでのスタッフが1名退職、新スタッフを1名加え、計7名の体制となります。市民の皆さんに支えられてのおいでん・さんそんセンターです。どうぞお気軽にご連絡、お立ち寄りください。

一般社団法人設立にあたり、これまでご一緒させていただいた各方面の方々から激 励、応援のメッセージをいただくことができました。ご紹介させていただきます。

                                                                   mail

豊田市内企業様より

cherryblossom農山村地域は、高齢化、過疎化などの課題を抱える一方、豊かな自然の中で、受け継がれてきた知恵や文化、支え合い、助け合う温かい暮らしなどが今も残っています。トヨタは「豊森なりわい塾」という人材育成講座を豊田市、NPOと協働で実施していますが、今後も、笑顔があふれ、幸福な暮らしを実現する地域づくりに、新たに発足した「一般社団法人おいでん・さんそん」と力を合わせて貢献していきたいと考えています。

トヨタ自動車株式会社社会貢献推進部 技範 大洞和彦様より



山村部観光協会様より

cherryblossom法人化おめでとうございます。貴センター開設以来、トヨタ生協さんの自然体験プログラムなどさまざまな事業を一緒に取組ませていただきました。都市と山村の交流は、地域資源や人にいままでとは違う視点で光をあて、地域に一層磨きをかけていくことができます。  魅力あるまちづくりができるよう貴法人と更に連携を深めていけることを期待しております。

いなぶ観光協会 村瀬登美様より



名古屋市内企業様より

cherryblossom 設立おめでとうございます。これまでも役所の出先機関とは思えないほどの迅速なジャッジと行動力にずいぶん助けられてきました。今後ますます強力なタッグを組んでいけると思うとワクワクします。新しい都市と農村の交流を生み出して、新しいパワーアップ社会を築きましょう!

株式会社ジオコス 代表取締役 伊藤秀一様より



豊田市内活動団体様より

cherryblossomおいでん・さんそんセンター発足の背景に新盛里山耕の取組みがあったと聞いています。このたび一般社団法人に衣替えし、山村地域の持続化のため、これまで以上に多様なチャレンジをされるものと思います。きっかけの一つとなった団体としてこの上もない喜びです。新盛里山耕のステップアップへの支援も期待しています。

新盛里山耕実行委員会 会長 鈴木邦夫様より



市外まちづくりご担当者様より

cherryblossom一般社団法人おいでん・さんそん 設立おめでとうございます。 いつも「なるほど!その手があったか!」と思わずうなってしまう素敵な取り組みを数多く打ち出されている「おいでん・さんそん」さん。  私が活動する恵那市飯地町でも移住ガイドブックの作成や、スモールビジネス研究会さんとのワークショップ開催などを通して色んな相談に乗ってもらったりアドバイスをいただいたりしました。同時に人の交流もでき、素敵なご縁もたくさんいただきました。  これからも移住者の心に響き、地域に暮らすみなさんの気持ちに寄り添った新生「おいでん・さんそん」さんのご活躍を応援しています。

恵那市まちづくり推進員 飯地町担当 岡田綾子様より


#

全 1 件中 1 〜 1 件目を表示