おいでんさんそんSHOWピックアップ記事

猪をもっと身近に味わって!『とよた里山猪肉キーマカレー』完成

2017年08月03日

左から㈱山恵の鈴木良秋さん、足助高校の小林優里さん、梅村凜音さん、㈱ワイズ代表取締役社長/山本庸司さん、田中都恵さん


愛知県内でカレーハウスCoCo壱番屋を15店舗フランチャイズ展開する㈱ワイズが、新盛町で獣肉処理加工施設を経営する㈱山恵(やまけい)の猪肉をつかった新商品「とよた里山キーマカレー」(レトルト)を開発しました。
 商品開発会議がスタートしたのは、平成29年2月。衛生的な施設で処理された猪肉を使った商品開発を行うため、おいでん・さんそんセンターが中心となり、足助商工会、㈱とよた山里ホールディングス、豊田青年会議所、豊田市農政課の各団体が、会議に加わって、商品開発を推進してきました。

商品開発で、地域貢献 

㈱ワイズは、おいでん・さんそんセンターのマッチングにより、旭地区の伊熊町で、「農業による社員研修、地域貢献、商品開発」を目的に活動しています。28年度には、地元の伊熊営農クラブの指導で米を作り、オリジナルの日本酒と純米本みりんを開発、販売しました。
 29年度は、自社として初めてのレトルトパックのキーマカレー開発を検討していました。以前、店頭で販売するカレーのトッピングとして猪肉の竜田揚げ、コロッケ、メンチカツをメニューに採用した経験がありましたが、「猪肉の独特のにおいがあると感じていて、もっと多くの方に食べてもらうためには、猪をひき肉にして、キーマカレーにしたらどうかと思っていました」と田中都恵さん。そこで㈱山恵と協同することになりました。㈱山恵の猪肉を試食した感想を「肉に弾力があって、脂身が美味しい。脂の甘味が、キーマカレーに活きている」と話しています。
 


試食会で提供されたカレーと、レトルトのパッケージ外装


確かな技術で、高品質な肉

㈱山恵が、レトルトパックの 生産のために納めた肉は、およそ300キロ。免許を保持している猟友会の猟師が捕獲した個体を、料亭で長年猪を捌いた経験を持つ人が指導して解体しているそうです。
 「いかに迅速に解体して、いかに早く冷蔵庫に入れるかが重要」と鈴木良秋さん。肉の用途によっても、解体の順序は異なり、㈱山恵では熟練の技で処理していることがわかります。

栄養的に優れた猪肉

猪は、栄養的にも他の家畜より優れていて、鉄分が圧倒的に多いという調査結果もあるといいます。また、脂の質もよく胃もたれしないという特徴もあるそうです。
 猪の捕獲が多いのは、8~9月と、1~3月ですが、需要があるのは、香嵐渓の観光客が増えてフランクフルトが売れる11月と、猪鍋のシーズンである冬。
 今回、夏に売れ行きの良いカレーの材料として提供することで、需給のバランスが良くなります。「捕獲したら、食べてもらわないと我が社は成り立たない。キーマカレーが子どもから大人まで食べてもらえるものに仕上がったので、猪が普通の肉として食卓に上がる目標に1歩近づいたのでは」と鈴木良秋さんは期待しているそうです。


シールを手にする小林優里(ゆり)さん、梅村凜音(りおん)さん


足助高校の生徒の尽力

足助高校は、パッケージに貼り付けるシールのデザイン、商品ポスター、宣伝などで協力をしてきました。 「今回、殺すだけでなく猪の命をいただくことで商品ができることを学びました」という2年生の梅村凜音くん。人間と自然との共存をイメージし、「妖精」をキャラクターデザインとして描いたそう。開発に参加した感想を聞くと、「ひとつの商品を作るために、たくさんの大人が関わっている姿を目の当たりにして勉強になった」と振り返っていました。
 ポスターのモデルになった3年生の小林優里さんは、「育ってきた山里に愛着がある。人口が減少しているが、山村部の魅力を知ってほしい」と心情を語ります。


梅村さんがデザインした妖精のキャラクター


レトルトカレーのパッケージ


オール豊田市でバックアップ

7月20日(木)には、愛知県立足助高校で、試食会を兼ねた商品発表会が行われました。太田稔彦市長や、議員を含めた関係者50人ほどが集まり、盛大な会となりました。
 ㈱ワイズの田中さんは、今回の開発・販売の感触を次のように述べています。「会議を重ねてきて、皆さんから豊田市の山村部、猪のことをもっと知ってもらいたいという意気込みがひしひしと伝わってきました。」
 販売候補先を訪問すると、いの一番に「取り扱いします」と返事をもらえることが多く、豊田市全体で取り組む勢いを感じているそうです。
 一般販売は、8月12日(土)に開始。1パック220グラム入りで希望小売価格は550円(税抜)。販売場所は、㈱ワイズの経営するCoCo壱番屋15店舗、パレット(足助地区)、香恋の里(下山地区)、9月9日(土)豊田スタジアムで行われるTUNAGARUフェスタ2017他。(木浦幸加)
 


商品発表会の様子


㈱ワイズのキッチンカーで提供


感想を述べる男子生徒


報道機関も試食


インタビューに答える梅村さん


太田市長も試食

#