地域スモールビジネスの創出


地域スモールビジネス研究会とは?


農的暮らしをベースにしながら暮らしの糧を得るための多様な仕事を「地域スモールビジネス」として、有志による研究会を運営しています。

豊田市農山村部にUターンもしくはIターンを経験した若者十数人が研究会メンバーとなって、平成25年11月に「地域スモールビジネス研究会」を立ち上げました。おいでん・さんそんセンターの活動に関わってきた中核メンバーで活動コンセプトを設定し、このコンセプトに賛同してもらえる方を口コミで募り、回数を重ねる中でメンバーを増やすプロセス重視型の研究会です。

地域スモールビジネス研究会の方向性

コンセプトに賛同する研究会メンバーで話し合ってきたスモールビジネスは、次のような領域にあります。すなわち、農山村での暮らしをベースに組み立てることのできる範囲の小さなビジネスで、分野を専門特化して拡大していく方向とは逆に、家族構成やライフスタイルや季節に合わせて必要な暮らしの糧を得るために、むしろ多種類のビジネスを組み合わせた「多業」で生業を立てていくものとしています。
この多業は、農村型便利屋、食とエネルギー、農村型観光、6次産業、農都交流、介護福祉、教育文化、IT技術等の分野に関わるものであったとしても、あくまで農山村での暮らしをベースとした生業であり、本研究会で扱うのは、産業振興や農林業振興ではなく、持続可能な農村づくりという大目的に向けた定住化促進のためのスモールビジネスとしています。

目的

  • 大目的 「持続可能な農山村づくり」
  • 中心目的 「地域と関わりを持ちながら暮らし続けられる定住の促進」
  • 豊田市の固有目的 「都市と農山村の助け合いのしくみづくり」

対象

  • その地域の人間として暮らし続けたいと思っている人の小仕事づくりを支援する(Iターン、Uターン、地元の人、企業退職者は問わない)

コンセプト

  • 地域との関わりを持ちながら暮らし続けるための多様な稼ぎづくり、人づくり、女性が移住・定住したくなる小仕事づくり

コンセプトに賛同する研究会メンバーで話し合ってきたスモールビジネスは、次のような領域にあります。すなわち、農山村での暮らしをベースに組み立てることのできる範囲の小さなビジネスで、分野を専門特化して拡大していく方向とは逆に、家族構成やライフスタイルや季節に合わせて必要な暮らしの糧を得るために、むしろ多種類のビジネスを組み合わせた「多業」で生業を立てていくものとしています。
この多業は、農村型便利屋、食とエネルギー、農村型観光、6次産業、農都交流、介護福祉、教育文化、IT技術等の分野に関わるものであったとしても、あくまで農山村での暮らしをベースとした生業であり、本研究会で扱うのは、産業振興や農林業振興ではなく、持続可能な農村づくりという大目的に向けた定住化促進のためのスモールビジネスとしています。



地域スモールビジネス研究会の役割

①自らスモールビジネスを立ち上げ展開する。<自助>
②スモールビジネスに関わるプラットホーム的な場の提供を行う。<共助>
③地域でスモールビジネスが活性化するための中間支援機能を担う。<公助>
手取り足取りのサービスをするのでなく、自ら学ぶための場を提供したり、行動しようとする人の背中を押したり、事業化を側面的に支援する役割を担っていくこととしています。

「地域スモールビジネスの類型」

農山村での暮らしをベースにスモールビジネスを類型化すると次のようなモデルが考えられます。

①農的暮らし型…農的暮らしを最大限にして、一部不足する暮らしの糧を得るためにスポット的にスモールビジネスを行うモデル。

②半農多業型…農的暮らしを営みつつ、「X」の部分を複数持つ多業モデル。多業により安定収入とリスク分散を図る。田舎生活をする便利屋。

③半農半X型…農的暮らしを維持しつつ、多くの時間を「X」=天職にあたる一つのスモールビジネスに費やすモデル。6次産業化、農村型観光、福祉介護、IT等の「X」が考えられる。

④農山村での既存産業就労型…農的暮らしをしつつ、通える範囲で役場、学校、農協、森林組合、農事組合に勤めるモデル。地元にあるコンビニ、商店、介護施設に勤めるケースもここに入る。

⑤地域資源活用型…地域の自然環境や地域の農産品、伝統文化、地場産業、観光資源、人的資源等を活用する事業モデル。主に都市部の生活者を集客して外貨を稼ぎつつ、地域の資源循環を目指すもの。

⑥農都交流型…都市部のニーズと農山村が持っている資源を組み合わせて都市と農村を交流させwin-winの関係に導く事業モデル。グリーンツーリズム、セカンドスクール、都市部企業の社会貢献を組み合わせた協働事業等が考えられる。

⑦コミュニティビジネス型…地域の課題を解決することを目的とした事業モデル。超高齢化に伴う福祉介護サービス、交通弱者のための買い物代行サービス、エネルギーの自給と森林資源の保全を目的とした木質バイオマスを使ったエネルギー供給事業などが考えられる。

○7つのモデルを農的暮らしとそれ以外の構成で分けると次の図のように整理できます。図の上部層のモデルほど、農的暮らしの比重が高い。


図表 農的暮らしをベースにしたスモールビジネス7つのモデル


主なスモールビジネス(企画段階のものも含む)

・農産物の加工販売…しょうゆ・みそ・米こうじ・甘酒・くず粉・うめぼしの製造販売、獣肉の解体、自然薯の加工販売、農産物の共同加工所、菓子作り

・農林業の周辺事業…薪作り、炭焼き、薪の配達、半農半林隊、猪の皮なめし、しいたけ栽培、集落営農オペレーター、

・手作り製造…染め、縫い、織り、刺繍ワッペン製作、真鍮・鍛金などの作品販売、アクリルタワシ製作、バンブーテント製作、

・サービス業…新聞配達、料理教室、鍼灸治療、灸教室、スタディーツアー、ケータリング、ワンデーシェフ、家の改修、農家民宿、おむすび通貨の運営

・クリエイティブ…スマホのアプリ開発、フリーライター、広告業、印刷デザイン業、WEBデザイン、詩集を作って販売

・技術開発…電気軽トラ開発、薪ストーブの開発、農具開発、山道具開発

主なプロジェクト

研究会メンバーが持ち寄った資源やアイデアを活かして、平成26年度は次のようなプロジェクトが立ち上がっています。



住み開きチーム

若者のUIターンを促進するため、すでにUIターンにより田舎暮らしを始めている家族の暮らしぶりを見学する訪問ツアーを企画するチーム。2014年秋に自主企画2本、若者が中心となった学び場NPO「大ナゴヤ大学」との共同企画をはじめ、名古屋市や豊田市の都市部周辺に暮らす若者や外国人留学生との交流機会を担っている。


出版事業チーム

田舎型出版の事業化を目指すチーム。現在、豊田市の里山に暮らす女子を中心にしたインタビュー本「さ・と・こ」(仮称)を企画編集中。「田舎ライター講座」を企画するなど、チームメンバーやその人脈でライティング、インタビュー、デザイン、カメラ、編集の技術を学び合う場を設定しつつ、出版物の制作・編集・販売に関わるビジネス化を目指している。

出版事業チームの詳細説明はコチラ


あぶく銭チーム

趣味や余暇を楽しむことを目的に、女性メンバーが中心となって手に職を身につけつつ、小仕事づくりを行うチーム。女子のための着心地抜群の手作り下着をはじめ、里山資源を活用した工芸品や保存食品を共同作業により制作・販売し、楽しみながら稼ぐことをコンセプトにしている。