<
稲武
2016.07.27

稲武地区で『阿部夏丸さんと本格!川あそび&おはなし会』が開催されました.

7/25(月)
稲武地区の大野瀬町にて、『阿部夏丸さんと本格!川あそび&おはなし会』が開催されました。
今回で2回目の、夏丸さんを迎えての企画です。
主催は「稲武地球小屋(いなぶてらこや)」。
稲武や足助など中山間地のお母さんたちを中心に12家族で結成されています。
阿部夏丸さんは豊田市出身・在住の児童文学作家。川を題材にした多くの作品を生み出しています。
子どもたちと一緒に川遊びするのが大好きな、川おやじです。



当日は72名の参加者が集まりました。
ペットボトルを使ったわなを仕掛けた後は、夏丸さんのお話会。
子どもの時から川の生き物が大好きだった夏丸さん。川遊びの様子を映し出しだ写真から、面白エピソードが次から次と出てきます。

「川遊びは子どもをおっさんにし、おっさんを子どもにする」。
夏丸さんの言葉どおり、午後からの川遊びになると年齢関係なく、真剣な顔、嬉しそうな顔。
たくさん取れたヨシノボリは、子どもたちもお腹を出すのを手伝い、てんぷらにして食べました。


今ではめっきり減りましたが、少し前はいたるところに川ガキが生息していました。
異年齢の子どもたちが一緒に遊びながら、川を知り、危険を知り、個性を知り、年齢相応の振る舞いを知り、何より地域を好きになっていったんだろうと、一日参加して感じました。
何より川遊びは楽しい!



企画した稲武地球小屋のスタッフの皆さん、底力を感じました。
とてもいい企画。
ぜひ、皆さんもこの夏、川にお越しください。
ただし川は危険と隣あわせなので、注意してくださいね。
(小黒)