全域
2016.11.28

「平成28年度 豊田市民族芸能大会」が開催されました。

11月26日(土)
豊田市民文化会館で「平成28年度 豊田市民族芸能大会」が開催されました。

豊田市内に伝わる歌舞伎・棒の手・囃子・三河万歳を各保存会が披露しました。素晴らしい演技・演奏で、始めて見る団体の出演もあり、豊田の文化の豊かさを実感できました。

市内には今回出演された7団体以外にも、数多くの団体が伝統芸能・民族芸能に親しみ、伝え、励んでおられますが、高齢化や人口減少問題に悩んでおられる団体や地域も多いです。

おいでん・さんそんセンターでは、芳友町の万燈祭りのお手伝いをさせて頂いていますが、地域の文化は一度途絶えてしまうと、なかなか復活する事は難しく、逆に“ふるさと”への心の拠り所や子ども達の地域文化への愛着が失われてしまいます。

最近、シティプライドと言う言葉が使われますが、地域の民族芸能は正に豊田のシティプライドの最たるものだと思います。(西田)