猿投
2016.05.17

民芸の森倶楽部全体会に出席しました。

5/15(日)
この4月にオープンした「民芸の森」で、5/29(日)に“豊田らしい身近な民芸”をテーマに開催される「初夏、森の手ざわり」のスケジュールや役割分担などの打ち合せに、民芸の森倶楽部全体会に出席しました。

狂言舞台では、地元中学生の「猿投台和らい鼓」や「天太鼓舞 夢一座」をはじめ、農山村地域から小田木人形座による「人形浄瑠璃」復活の取組み紹介や、デカスプロジェクトで活躍中の「あいち でらバンブー」ことガムラングループ「スアラ・スクマ」による豊田市の竹で作った竹楽器によるオリジナル楽曲があります。

石野竹工芸グループのワークショップはバンブーテントの下で行われたり、食の民芸を味わう飲食屋台では、猪鹿工房のジビエや三州足助屋敷の五平餅、旭イベントクラブのおはぎやドーナツなども楽しめます。

陶器やガラス器の体験販売、日本茶インストラクターによる新茶の美味しい入れ方、三州しし森社中の鹿角アクセサリーワークショップ、ORiiBUのさをり織りコースター作りなど、様々な楽しい手しごとを体験できます。

平戸橋近くに新しく出来た素敵なスポット「民芸の森」に是非一度お出かけ下さい。

詳しくは民芸の森倶楽部のfacebookページで紹介予定です。(西田)