<
下山
2016.08.22

「移住者受入れ勉強会」が下山地区和合自治区で開催されました。

8月20日(土)
下山地区和合自治区で「移住者受入れ勉強会」が行われました。
和合自治区は7月1日現在人口386人、141世帯で過疎、少子高齢化が急速に進行していることなどから、平成27年度に自治区ビジョン「みんなでやろまいか地域力回復5ヵ年行動計画」を策定している先進自治区です。
計画初年度の今年、最重要課題である定住促進に向けアクションを起こそうと勉強会が持たれました。
巴ヶ丘小学校区の持続化のためには、3世帯/年の子育て世代の移住受入れが必要です。
小学校区を構成する5自治区を和合自治区が牽引し、空き家活用の大きなうねりを起こしてくれるものと確信しました。
(センター長:鈴木辰吉)