全域
2016.12.08

あいち観光まちづくりゼミでモニターツアー「岡崎城下町まち歩きツアー~伝統と新しさが同居する城下町~」が実施されました。

12月6日(火)
あいち観光まちづくりゼミでモニターツアー「岡崎城下町まち歩きツアー~伝統と新しさが同居する城下町~」を実施しました。
おいでん・さんそんセンターは着地型観光を使ったまちづくりの学習の為にゼミに参加しており、ゼミで学んだ事を「とよたまちさとミライ塾」など観光を利用した地域づくり活動に反映させています。


観光まちづくりゼミでは、県内から集まった観光やまちづくりに関わりのある様々な人がグループを組んで、バスツアー・まち歩きツアーを企画し、それらの中から投票で各ツアー1つを採択し、モニターツアーを実施します。今年度は奥三河・北三河チームで企画した「岡崎城下町まち歩きツアー」が採択され、実施しました。



岡崎城下二十七曲りを歩き、リノベーションや若い人達が取り組むまちづくりの現場と歴史のある岡崎のまちを再発見するというモニターツアーでした。
観光ボランティアガイドの説明を聞きながらのまち歩きの予定でしたが、前日にガイドさんが倒れられた為、急遽、西田がにわかガイドを務めました。にわかガイドの為、参加者の皆さんには申し訳ありませんでしたが、ガイドの重要性を誰よりも再認識しました。


観光ガイドはそのまちを愛し、歴史や隠れた名所やエピソードをスポット毎に紹介したり、歩く道中を楽しく盛上げたり、安全に配慮したり、タイムキーパーを務めつつ、ゆったり出来る時間も確保したりと、様々な役を担っています。
観光マップを作ったり、道標やサインを整備する事も重要ですが、旅に出て一番思い出に残るのは、地元の人との触れ合いかも知れません。
綺麗な景色、美味しい料理も記憶に残りますが、あのおばちゃんに、あの職人さんにまた会いたいな~と思えるような、ガイドさんや体験プログラムの提供者を育成する事が重要なのだと改めて思いました。(西田)



【集合・出発】
■ 和蝋燭の見学と制作体験:伊勢志摩サミットでお土産にも使われた伝統の和蝋燭工房の見学&体験

■ 伝馬町常夜灯:二十七曲り最大の常夜灯で、かつては旅人の目印だった。今でも地域の火防神。

■ 伝馬町歴史プロムナード:宿場町の歴史が分る20基の石彫と案内板が通りに並んでいます。

■ 岡崎信用金庫資料館:大正6年に建造された、赤レンガと地元御影石のルネッサンス建築。

■ 籠田公園:市民による整備・利用が行われている公園で、籠田惣門跡や岡崎城主田中吉政像も前にある。

■ 二十七市通り:二十七曲りの連尺通りの1本北通り、二と七のつく日に朝市が行われる。
(wagamama house)惣菜屋さんとケーキ屋さん・イベントスペースが一体になったシェア空間

■ 晴明神社:平安時代に安部晴明がこの地に居を構え神夢で堀った井戸の水で萬人を救ったといわれる。

■ 昼食(城北飯店):岡崎市民に人気のお店。市内の飲食店の共通メニュー「まぜ麺」参加店。

■ 松應寺:家康公の父、松平広忠公の菩提を弔う為に建立された寺。家康が広忠を神と敬い鳥居を建てた。住職にご案内頂きました。



■ 松應寺横丁:木造アーケードの残る風情豊かな横丁。「にぎわい市」や若者のリノベーション店。住職にご案内頂きました。
(なかみせ亭)雑貨と喫茶のお店
(寿屋)ご近所のおかあさん達のセレクトショップ
(奇天烈写真館)写真スタジオ
(KIMONO YUAN)着物屋さん
(Science Bar“School of Rock”)サイエンス・バー

■ 三州菓子工房中田屋:工場直営かりんとう(お土産購入で立ち寄り)

■ りぶら:意見交換会
【解散】

■ 内田修ジャズコレクション:自由参加