<
2015.11.25

「旭木の駅プロジェクト」の出陣式が執り行われました。

11/23(月)
槙本町で「旭木の駅プロジェクト」の出陣式が執り行われました。
七年目を迎えたこのプロジェクトは毎年進化しており、今年は、あさひ薪づくり研究会との連携により、出材を45cmの短材にすると換金額が2割UPの7,200円/tになるそうです。
これを踏まえ、代表の高山さんより「木の駅も第2ステージに入りました、今年も事故の無いよう頑張りましょう」と、熱意あふれるご挨拶がありました。
また、今年使用される地域通貨「モリ券」は、小渡小学校の生徒によってデザインされたそうです。地域の森づくりに子どもたちの想いも込められました。

森づくりを通し、地域の中で人が元気になり、徐々に広がりを見せる、最高に素敵なプロジェクトです。
今年もご安全に!(地域おこし協力隊・坂部)