2016.07.08

㈱エステム新入社員研修が旭地区でおこなわれました。

6/30(木)
水処理会社「㈱エステム」の新入社員研修が槙本町(旭地区)ほかで行なわれました。

 エステムさんは水に関わる業種であり環境保全への意識が高く、荒廃が進む中山間地域の農地の保全につながるならとの思いから、今回ここをフィールドに社会貢献を兼ねた新人研修を実施してくださいました。
また、社員同士のコミュニケーションや個々の自主性を高める狙いで、新入社員自身が研修自体の企画に携わりました。
受入れは、地域の農地保全の受け皿にと賛同者で今年度組織された「つくば営農組合」の方々。
農家さんの指導を受けながら、新入社員32名が3畝の遊休農地で、カボチャやサツマイモ、スイートコーンなどの作付けを行ないました。

 昼食は、地元のお母さんグループ「つくば元気クラブ」の方々の手ほどきを受けながら五平餅づくりなどを体験しました。
午後は、鈴木センター長、旭支所・早川支所長が、中山間地域の現状や課題解決に向けた取り組み、旭地区の紹介についてお話しました。
社員の方からは「農業や食文化に触れられるいい機会だった」「事前の準備が不足していた点が反省」などの感想がありました。
この事業は、㈱ジオコスとおいでん・さんそんセンターが連携し、両者のマッチングと事業全体のコーディネートをお手伝いしました。
9月には地域との交流を兼ねた収穫祭が予定されています。(地域おこし協力隊・坂部)