2015.06.07

豊田高専ドミタウン実行委員会「多世代交流による山村振興」プロジェクト~地域清掃と野菜の作付け(2)~

6/7(日)
豊田市笹戸町にて豊田高専の学生による第三弾ドミタウンプロジェクトが行われました!

この日の朝は丁度地域の清掃があり、学生たちはボランティアと地元の方々との交流を兼ねて、県道沿いの草刈りの手伝いをしました。地元の方々が強靭に伸びてくる草を機械で刈っていき、学生たちが順にそれを収集していきました。過疎化が進む山村地域でのこういった人的支援はとても重要であると共に、若い世代が交わることで全体の雰囲気がとても明るくなり活気がでました。

地域清掃の後は、前回に引き続き地元の宇井さん、近藤さんの指導を受け野菜の作付け体験を行いました。今回はトウモロコシの植付けです。
トウモロコシの育て方を教えていただきながら、一緒に一粒一粒植えていきました。普段食卓に並ぶ野菜がどうやって育つのか、農家の方のどういった苦労があるのか、といった事を学生たちが体験を通じて学ぶというとても素敵なプログラムです。夏の収穫がとても楽しみです。また今回は学生手作りの「ドミタウン畑」の看板も設置され、自分たちの畑という感じが一層増しました。