<
2014.09.03

パートナー協定締結!住友ゴム×東萩平町

2014年8月30日(土)
エコフルタウンで開催された「新☆豊田市誕生10周年記念プロジェクト」のキックオフイベント「いなかとまちの夏休み」の特設ステージで、市長から「いなかとまちの夏休み」の主旨説明が語られた後、いなかとまちのパートナー協定の締結が行われました。
おいでん・さんそんセンターとして、いなかとまちの繋がりをさらに進める取組みです。

2010年から、旭地区東萩平町にある御須原山の環境整備を住友ゴム株式会社が継続的に取り組まれており、今後も郷土の森づくり活動として、緑だけで無く、花もいっぱいの魅力ある山を目指し活動されるそうです。

住友ゴム株式会社のように、企業が森や地域とつながって、関わる双方が暮らしの満足を高められるような活動が広まっていく事を期待します。企業CSRとしても範となる活動内容ですね。

※写真は、握手を交わす住友ゴム名古屋工場長の吉岡さん(左)、東萩平町内会長の近藤さん(右)、太田市長(中央)と、協定書を持つおいでん・さんそんセンターの鈴木センター長。