2013.10.01

センターにはどんな相談者が来所するの?

おいでん・さんそんセンターにはコーディネート相談に様々な方がお見えになります。農業体験や自然体験などの相談以外にも、大学のゼミのフィールドワークの一環で農山村の話を聞ける方を紹介して欲しいと言った相談もあります。

先日は、「おいでん・さんそんず」の高木さんのブログで紹介されていたトム・ヴィンセントさんや喜乃紀の川村のり子さん、東京のクリエーターの方々が来所されました。
経済産業省が、クールジャパン戦略の一環として、地域の中小企業とクリエイター・デザイナー等のプロデューサー人材とが「地域コンソーシアム」を形成していくプロジェクトを行っています。
今回、トム・ヴィンセントさん達は豊田市をフィールドに竹を使ったプロジェクトが始まるということで挨拶にお見えになりました。プロジェクトの取り組みは、大変に共感できるモノで、どこかの過程で協力できるものと考えます。
日本の「SATOYAMA」の暮らしから生まれるライフスタイルは“Quality of Life”を求める海外の人々に注目されており、豊田の里山の暮らしや文化が世界につながるのは楽しみです。

トム・ヴィンセントさん:株式会社トノループ・ネットワークス 代表/PingMag 編集長
川村のり子さん:株式会社 喜乃紀 代表取締役/office atashino 代表
岡田智博さん:NPOクリエイティブクラスター 理事長
新野圭二郎さん:アーティスト/日本橋大伝馬町 内田ビルコンプレックス運営者
(西田)